秋晴れの日はこんなに寒かったかしら…

今朝も寒くて4時には目が覚めたのです。暖房を入れて少しウトウトはしたけれど、10時半には床に就いたから、寝るのが早すぎたのだろうか。最近はよくこの朝の浅い眠りの中で沢山の夢を見る。いつも誘われたようにどこかに電車で行って、大勢の人の中で誰かを捜している夢なのです。寝る少し前まで映画を観ているからか、楽しさ半分で自分は心をときめかせているから世話はない。目覚めて現実に戻っても、毎日が夢の続きなのかも。

一番出汁が随分と残ったので、家に持って帰ったから、朝は亭主が三つ葉の卵とじを作る。塩と砂糖で味付けして、ふわっとした触感になるように仕上げるのがポイント。女将が夕べ漬けたお新香も、糠床がだいぶ好くなったらしく、美味しい出来栄えなのでした。それとみそ汁だけで質素な朝食だけれど、亭主はこれで十分に満足なのでした。女将は更に納豆と海苔でご飯を食べるのが習慣で、朝食は亭主よりも沢山のおかずを食べている。

peko が死んで、沢山買いだめしてあった高齢犬用の缶詰を、女将が老犬を飼うご近所の奥さんにあげたとは聞いていた。何匹も犬を飼い続けてきたその奥さんが、慰めにと花を持って来てくれたらしい。食堂のテーブルの上に飾って、食事のたびに優しさに触れる。今朝は朝も早くから、亭主が粗大ごみに出すものを前の通りの塀際に並べておくのでした。乗らない自転車、オイルヒーター、pekoのゲージ、息子のエレキギターで 3500円。

いつもの時間に家を出て、寒い空気の中を蕎麦屋に出掛ける亭主。晴れて陽も出ているけれど、動いていないと足元から冷えてくるのが近頃の陽気。午前中の仕込みが終わったらプールに行こうと思っているから、車で出掛けたけれど、蕎麦屋に着いても厨房は12℃だから、かなり冷えているのです。暖房を入れて16℃になるまでタブレットでニュースを読んだりしながら、じっと暖まるのを待つのでした。今日は最初に筑前煮を作る予定です。

いつもと同じ手順で根菜類を刻み、中華鍋でよく炒めたら出汁で煮込んで灰汁を取る。ここで出汁醤油と砂糖で味付けをしておきます。次に鶏肉を小さく切って片栗粉をまぶしたら、先ほどの中華鍋で炒めて根菜の鍋に入れるのです。鶏肉が少し多いから、半分は玉ねぎと出汁で煮込んで親子丼の具材を仕込んでおく。二つの鍋を冷ましているうちに、明日の天婦羅の具材を切り分けて容器に詰めていきます。ナスがつやつやと新鮮なのでした。

10時半を過ぎた頃に片づけを終えて、少し早いけれど駅前に向かう。まずは銀行へ行って、車検の費用を口座に振り込んでおく。安い中古の軽自動車なら買えそうな金額ですが、新車を買う余力はない。生涯最後の車と思って10年も乗り続けているから、なぜか愛着があって乗り換えられないのです。11時前にプールに着いて、まだ幼児スイムが終わっていなかったから、早く泳ぐコースに入れてもらってゆっくりとアップをするのです。

帰りに家の買い物をしようと地階のスーパーに寄ったら、宮崎産の金柑がもう出ていました。抹茶きな粉もあと一袋になったし、大手亡豆もあと三袋ほど残っていたから、そろそろ金柑大福の準備をしても好いと考える。例年よりは少し早いかも知れない。ライムサワーのために店に常備してあるライムが古くなったから、買い替えて前のものは家で使おう。昼は肉野菜炒めと蕪の葉のお浸しで、女将と二人ニュースを見ながら食べたのです。

午後はひと眠りしてからまた蕎麦屋に出掛け、西日の差して暖かいうちに、懸案だったグリストラップの掃除をするのでした。夕刻に業者が海老や牛カルビの食材を運んで来るから、それを待ちながら糠床にお新香を漬けたり、洗濯物を畳んだりと出来ることをやっておく。やっと荷物が届いて、家に帰ったのはもう夕暮れ時なのでした。相撲の最後の方を見ながら、夕食に女将とサンマを焼いて食べた。明日も天気は好いらしいけれど、寒い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.