空気は冷たいけれど快晴の一日…

寒い朝でしたが、雲一つない青空が広がって気持ちが好いのでした。お袋様を乗せて農産物直売所に行く途中、紅葉した並木道がとても綺麗に空の蒼に映えているのです。いつもの農家のご夫婦が野菜を運んで来ていたから挨拶をすれば、奥さんに「小松菜は今朝採ったから替えて上げるよ」言われて新鮮なものを頂いた。マスク姿のご主人が「車がいつもと違うじゃない」と声をかけてくれたので「車検なんですよ」と言葉を交わすのでした。

それから隣町のスーパーに出掛けて残りの食材を揃える。今朝は女将の見ていた新聞の広告を脇から覗いていたので、安売りのアスパラガスやレタス、三ツ葉などを手早く籠に入れて、大根は形の好いものを二本貰って蕎麦屋に帰った。ビニール袋に 5つ分の食材を冷蔵庫に収納したら、早速、大根を塩漬けにして、なた漬けを作る準備。昆布と干し椎茸を鍋に入れて戻しておくことも忘れない。そして今度は西の町に消耗品を買いに出掛ける。

消毒液や洗剤、ラップ、キッチンペーパー、割箸などを買い込んで店に戻れば、陽が高くなっからか、室温は18度まで上がって、暖房を入れなくても作業が出来る状態でした。塩で漬けておいた大根から水が出ているので、柚子と唐辛子、甘酒の素と砂糖を入れて、今度は本格的に漬け込むのです。まだ12時前だったから女将の帰る1時までには時間があるので、少なくなった返しを作ったら家に戻る。ぽかぽかと暖かい陽射しが有り難い。

返しを作った鍋はそのまま冷やして、昼を終えてまた来たときに甕に移すのです。外は昼になっても 何処までも青い空が広がって、これぞ本当の秋晴れだと気分も好くなるのでした。昼は昨日持ち帰った新蕎麦を茹でて、天麩羅をグリルでカリッと焼いて天せいろ。今日買った蕪の葉っぱを切って持って来たから、早速、大鍋で湯がいて入れ物に入れておく。農産物直売所のものは新鮮過ぎるから、女将も小松菜だと思って食べたのだとか。

ちょうどグリルに天麩羅を並べている頃に、玄関のドアが開いて女将が帰ってきた。女将には大根おろしを用意して、自分は辛味大根を擦ってテーブルに蕎麦猪口や薬味と一緒に並べるのです。蕎麦を茹でるのはわずか40秒だから一番最後で、女将は出来上がる頃に台所に現れて、焼けた天麩羅を皿に盛り付けて席に着く。蕎麦を茹でて笊に盛ったら、やはり新蕎麦は少し綠色をしていたのが初々しい。ほんのりと甘い新蕎麦の香りを楽しむ。

黙ってお客に出しても食べ慣れている人は新蕎麦だと分かるでしょう。本当に蕎麦の好きなお客は、せいろの大盛りを注文するから分かるのです。少し色を付けても辛味大根のおろし蕎麦。そうでないと折角の蕎麦の味わいが消えてしまうのです。天麩羅を食べ始めたら、もう、蕎麦の香りもどこへやら、 天麩羅の味が勝ってしまうから、食べる順番もあるのかも知れない。蕎麦湯までしっかりと飲んで、亭主は居間で満足そうに寛ぐのでした。

腹が一杯になったら、書斎に行ってひと眠り。午前中はあれこれと忙しいのだけれど、食べたらすぐに横になれるのは、定休日ならではの密かな愉しみなのです。書斎の障子を開け放って、午後の陽射しを一杯に浴びながら、しばしの眠りに落ちていく。目覚めればもうだいぶ陽も傾いていました。「蕎麦屋に行ってきます」と稽古場で新しい条幅の漢字を調べていた女将に言って、歩いて蕎麦屋まで出掛けて行く。今日はまだ運動が足りない。

朝のうちに準備しておいた出汁取りの鍋を沸かして、小一時間かけて一番出汁と二番出汁を追い鰹で多めに作り、蕎麦汁と暖かい蕎麦の汁とを仕込んでおくのです。帰る頃には陽も暮れて、明日も晴れそうな空の様子。相撲を見ながら、蕎麦屋の残り物の厚揚げを焼いてサラダの野菜に肉を入れて炒めたら、カレー味のあんかけ煮して厚揚げの上にかける。今日は夕食を作るのも亭主なのでした。蕎麦屋の草取りと排水溝の掃除がまだなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.