雲が垂れ込めた寒い一日で…

今日は一日中快晴という天気予報に気をよくして、元気に蕎麦屋に出掛けた亭主でした。ところが、晴れ間の覗いたのは朝のうちだけで、どんよりと雲が垂れ込めて気温の上がらない陽気だから困った。蕎麦打ち室の室温は15℃、湿度は46%だったから、昨日よりは少し多めの加水で、新蕎麦の粉を捏ねていく。それでもやはり少し空気が乾燥しているのか、伸した生地の周囲にひび割れが生じる。何とか八つに畳んで包丁を打つのでした。

生地が少し硬い分だけ、包丁はトントントンと乾いた音を立てて、かなり均等な幅で切れていく。伸した生地の幅を 75cm 以内に抑えているから、以前より心持ち厚めの生地で、切りべら26本で130g超の束が出来るのでした。今朝は新蕎麦 11人分の蕎麦を用意して厨房に戻る亭主。時折、陽が差していたのに、とうとう曇り空になってしまたから、何か騙されたような気分。でもその時点では、まさかお客がまったく来ないとは考えつかない。

平日の月曜日で曇ったうえに寒いから、お客は少ないのは覚悟で開店前の準備を進めるのです。デザートの抹茶きな粉大福も四皿分包んで、野菜サラダは平日だからと二皿だけ盛り付けておきました。昨日のように鴨南蛮などが出てサラダだけ先に出ても大丈夫なように、予備の野菜をちゃんと刻んである。お客が来ても来なくても、その日の開店前に出来る準備はいつもと同じなのです。店の中はエアコンが効いているから23℃を保っている。

外が暗くなったので、新しい天気予報をネットで見ると、佐倉市は昼も曇りで16℃までしか上がらないと言うではありませんか。晴れて陽射しがあれば、北風が吹いても暖かくなるから、少しはお客が来るかも知れないという期待があったけれど、昼前にこの天気では10食以上の蕎麦は不要だろうと、かき揚げとレンコンとカボチャの天麩羅を揚げて、スタッフとぶっかけにして賄い蕎麦を食べておく。新蕎麦の歯ごたえが懐かしいのでした。

今朝刻んだばかりの玉葱とニンジンと三ツ葉のかき揚げが甘く感じる。今週はあまり天麩羅が出ていないから、切り分けてある天麩羅の具材が沢山余りそうなのです。カボチャやレンコンやニンジンは来週にも使えるけれど、まだ袋を開けていない生椎茸や茄子やピーマンはどれだけ新鮮なのかにもよる。だから、とにかく新鮮さを追求して仕入れをしているつもり。古ければ見た目にもわかるから、家に持ち帰って全部料理に使うだけです。

暖簾を出してもお客の来ない時間帯は、普段なら次の日の仕込みをしているのですが、なにせ明日から二日は定休日で、何を仕入れたら好いかを書き出しておくぐらいしか出来ない。スタッフは流しや蕎麦打ち室など店内の掃除をしてくれるから助かるのです。時折、車がバス通りを通りすぎるだけで、寒いからか散歩をしている人の姿もないのです。週末が暖かかったから何処かへ出掛けて、寒くて天気の悪い月曜日はステイホームなのかな。

暖房を入れているのに、窓を少し開けているので、じっとしていても足元から冷えてくるから、カメラを持って外に出る亭主。そう言えば、前の仕事の時にも、時間があればよく敷地内の花々の写真を撮りにふらついていたっけ。それをホームページに載せるのも仕事だったから、趣味と実益を兼ねて随分と花の名前を覚えたものです。今はほとんど忘れてしまったけれど、花びらの数や形、色などで調べる術は覚えているから役に立っている。

駐車場の柊南天が黄色の花を咲かせていた。こんな花にも蜜があるのか、蜂が飛んでくるのです。午後になってやっと青空が覗いたけれど、時すでに遅し。女将が残り物を取りに来てくれて、スタッフと店を出るのでした。今日は車検の車をディーラーに持って行く日だったから、定刻に昼寝もせずに代車と交換してくる。代車で夜のプールに行くのも怖くて、今日は相撲を見ながらハラミの串焼きと天麩羅で一献。少しずる休みの気分でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.