結局、晴れなかった一日ですが…

朝の天気予報では、佐倉市は 9時から終日晴れの予報だったから、蕎麦が売り切れて早く暖簾を下ろさなければならなかった、昨日の失敗を繰り返さないようにと、今朝は蕎麦屋に着くなり久し振りに1kg の蕎麦を打ちました。いつも750gで打ち慣れているから、捏ねる蕎麦の量が随分と多いように感じるのです。身体は大きくても掌が小さな主人だから、慣れないと余計に力が入る。だから、43%の加水という目安が出来たのかも知れない。

今朝は少し室温が高かったから、41%強の加水で捏ね始めたけれど、最初はかなり力が要るのです。次第に水が粉に馴染んでいつもの柔らかさになる。それを開業したての頃は、水が少ない方がコシが出ると思い込んで、1kgを日に何度も打ったものだから、腱鞘炎になってしまったのです。近所に蕎麦屋が出来たと珍しがられて、お客も多かったし、経験も浅かったから仕方がなかったのでしょうが、今考えればそれでは好い蕎麦は打てない。

思い出すたびに、闇雲に張り切っていた当時の自分が恥ずかしくて顔が赤くなるのです。お客の前でも「まだ新米なのですよ」といつも女将が弁解してくれたっけ。弟子入りをして蕎麦打ちを習ったわけではないから、いろいろな気づきには随分と時間がかかったのかも知れない。それがこのブログを始める契機になったのか、毎日の蕎麦打ちの反省を書き連ねていくうちに、発見した課題と解決の道筋を継続的に探る道しるべとなったのです。

無事に11人分の蕎麦を打ち終えて厨房に戻れば、スタッフが今日の小鉢を盛り付けてくれる。筑前煮と大根のなた漬けにお新香と三種類の小鉢を用意して、亭主は野菜サラダの具材を刻み始めるのでした。外はどうも雲が多くて陽の光がない。それでも今日は、開店前から家のご近所のお洒落なお婆さんが歩いていらっしたと思えば、お袋様の住むマンションから昨日来たばかりの常連客がまた今日もいらっして、ビールとカレー蕎麦の大盛り。

同じマンション街からいつもの少年が今日はお婆さんと一緒にやって来て、カウンターに座るお客ばかりが、次々とご来店なのでした。次にいらっしたご夫婦も歩いていらっしたお客で、今日は駐車場に一台も車が停まらない。ご近所のお客が続けていらっしゃるのは、このコロナの時期にはとても貴重な出来事なのだと感じる亭主。お蕎麦が美味しい、筑前煮が美味しいと、言って帰るお客の笑みが忘れられません。1kgを打って好かった。

お客の途切れた時間帯に、かき揚げとレンコンの天麩羅を揚げて、ぶっかけで賄い蕎麦を食べておく。1 時をだいぶ回った時間に、今日初めての車のご夫婦がいらっしゃる。生舟の蕎麦はもう残りひと束になったので、売り切れの看板を出して蕎麦をお出しする。とろろ蕎麦を注文なさった奥様が、「お蕎麦と筑前煮がとても美味しかったわ」と言って帰られた。当分、予算オーバーの筑前煮は止められそうにないけれど、それも一つの収穫か。

洗い物と片付けを終えたら、家に帰って女将に今日のお客の入りを報告する。天気の悪かった割には凄いという声が稽古場から帰ってきた。書斎に入ってパソコンに今日のデータを入力していたら、女将が林檎を剥いて持って来てくれるのです。亭主は横になってしばしの仮眠。女将がスポーツクラブに出掛けるのにも気が付かなかった。朝も早かったから疲れていたのかも知れない。目覚めれば、夕食を食べる前に、蕎麦屋に明日の仕込みに。

黄昏時のみずき通りを渡って蕎麦屋に着けば、昼の洗い物はそのままだから、まずは片付け物を済ませるのです。蕎麦汁がなくなっているから新しく詰めて、明日の分のお新香を糠床に漬ける。今日の分のお新香は家に持ち帰り、夕食には湯麺を茹でて今日の野菜サラダを肉と炒めてあんかけにするのです。女将が帰ってもしばらく休憩して、珈琲を一杯飲んだら、夜のプールに出掛ける亭主。空いていたから個メ二本のアップから入るのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.