久々に賑わう蕎麦屋の店内…

昨夜はプール練習とマティーニのお蔭で、早く眠りに就きました。その代わり、pekoに起こされて暗い中を4時過ぎに散歩に出る。主人が早く寝れば、当然、犬も早く眠れるので朝が早い。蕎麦屋の電気を灯して糠漬けを漬け、蕎麦豆腐と抹茶小豆を仕込んでおく。ついでに蕎麦も打ってしまいたいけれど、pekoを待たせているし、蕎麦は打って2時間くらいが一番美味しく食べられると言う。大体、10時頃に蕎麦は打ち上がるから、昼時には一番いい状態なのかも。

一度家に戻って、女将の起き出すのを待つ。持ち帰った蕎麦がやっとなくなったから、朝食には女将の用意するご飯を食べるのです。久々に食べる新米の米が美味いこと美味いこと。サンマの開きも脂がのって、朝から随分とご馳走なのでした。腹が一杯になるとどうも眠くなるから、女将が見る朝ドラの時間まで、書斎でごろりと横になって一眠り。店が家のすぐ近くというのは、まったく理想的な職場。今日はどれだけ蕎麦を打とうかと考えていたら眠りに落ちた。

亭主が蕎麦屋へ出掛ける頃にはぽつりぽつりと雨が降っていました。いつも自転車で出掛けるお隣の若旦那も、今朝は奥様に車で送ってもらうらしかった。それほど強い降りではなかったから、幟を立ててチェーンポールを下ろしいよいよ今日も蕎麦屋の始まり。まずは、打つ蕎麦の量を考えようと、コーヒーを沸かして厨房の椅子に腰を下ろす。お客の多かった時期は、迷わず1kgを二回打っていたのだけれど、今では20人分以上など到底捌けるはずもない。

春蕎麦・秋蕎麦750gを二回打つと16人分になるから、平日だから、それでも少し多すぎる。500gずつ打てば5人分ずつで10人分だけれど、新蕎麦か秋蕎麦かお客の注文の具合ではどちらかが足りなくなりそうな数ではある。半々ずつ打つつもりなら、やはり750gが適当なのです。しかし、よく考えてみれば、夏の新蕎麦ももう二ヶ月近く出しているから、そろそろ「新…」は可笑しいのでは。値段の高い新蕎麦の粉を秋蕎麦と混ぜて一度に打つのが一番いいか…。

果たして、11月に秋の新蕎麦の出るまで、今仕入れてある夏の新蕎麦を去年の秋蕎麦と合わせて蕎麦を打つことにしました。値段は、従来の秋蕎麦のままだから、お客様には多少とも美味しいお蕎麦を割安で食べてもらえるというものです。保存技術が進歩したとは言え、やはり一年前の秋蕎麦は、夏の新蕎麦に比べて打っていてぱさつく感じが否めないから、仕入れた値段の差額は取り戻せないけれど、結果として満足して頂けるのではないかと思うのです。

夏の新蕎麦と去年の秋蕎麦を1:1で混ぜ合わせ、久しぶりに1kgの二八蕎麦を打つ。打つ蕎麦の量が少ないと、どうしても練習気分が抜けないのですが、1kgの粉の分量は、自分でも十分にプロらしく思えるから不思議なもの。大きく生地を広げて畳んでいくのも慎重に、包丁切りもしっかりと最後まで均一な太さで切り終えます。750gでの練習がものを言っているのかも。秋蕎麦だけよりは粘りけのある細切りの蕎麦が、ぴったり11人分打てたから無駄もなかった。

雨も上がっている様子で、開店前の慌ただしい仕込みも終えて暖簾を出せば、ご近所の会社の常連さんが、暖簾をくぐっていつもの席に座る。「この間は奥様にいらっしていただいて…」とお礼を言う亭主。定休日明けの木曜日には、天せいろを大盛りで注文するのがいつものこと。胡麻油も新しいのを使うからもたれないと思っていらっしゃるのか。汚れる前には油を替えているからそんなこともないのだけれど、天麩羅が美味しいと言われるとやはり嬉しいのです。

このところお客が少ないからと蕎麦も数を減らして打ったのに、今日は次々とお客が入って、久しぶりに店内が賑わった昼時なのでした。朝のうちに顔を出して、「昼に二人で来ようと思うのだけれど大丈夫?」と言っておられたご近所さんも、危うく満席のところを、無事にテーブル席に座ることが出来ました。3人連れでいらっしたお客には、申し訳ないけれどカウンターで食べて頂いた。「デザートもご自分で作るの?美味しいわ」と抹茶小豆も褒められたのでした。

蕎麦もほとんど売り切れて、戸締まりをし終えた閉店後に、車でいらっしたお客さんには、「ご免なさい」と丁重にお断りした。一体、今日はどうしたというのだろうか。平日でも、毎日、このぐらいのお客が去年はあったのです。平日に1日10人、休日にはそれ以上のお客がいれば、無駄を減らした今のやり方なら、なんとか赤字を出さずに済むのだけれど、まだまだ経営努力を重ねないといけない。3時前には帰宅して、久しぶりに炒飯とスープで遅い昼飯を済ませる。

This entry was posted in 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.