春の淡雪…

うっすらと降り積もった雪が辺り一面をまっ白な景色に替えた今年初めての雪景色。新しい週の仕込みと新しい日記のサイト作成を終えて、晴れ晴れとした気分で迎えた朝なのでした。腰の痛みも少しずつ和らいで、そろそろプールでの水泳も再開出来るかも知れないと考えながら、今朝も蕎麦打ち。平日だから20食はなくても大丈夫だろうと、1.25kg15人分を丁寧に打って、小鉢にキュウリと大根の浅漬けと酒粕に漬けたなた漬けを用意する亭主なのでした。

デザートには二日間煮込んだ小豆に白玉団子を入れたお汁粉を7人分用意し、鰹・胡麻のフリカケやお汁粉・コーヒー・日替わりデザートを印刷した新しいスタンドメニューをテーブルに置いて、今日の開店準備が整うのでした。平日だというのに、昼前からお客が入り始めて、炊いたご飯も残り少なくなったので、家に電話をして急いで女将にご飯を持ってきてもらう一コマも。しっかり昼飯を食べる会社勤めらしいご新規さんたちが何組かいらっしたのです。

常連さんも早くからいらっして、いつもセットものと出汁巻き卵を注文するご近所のご老人。天麩羅を揚げながら、温かい汁の野菜の卵とじ蕎麦を作っているから、コンロの火が足りない。ハイペースで注文をこなして、やっと卵焼き鍋をセットする。その間に違うお客がやって来るから、なかなかの忙しさなのでした。今日はマグロ丼セットと天丼セット、天せいろがよく出た。このところ、油は二三日で新しいものに替えているから、天麩羅の出来は上々なのでした。

ご夫婦らしいご新規さんは、食後にお汁粉のご注文。熱々の汁に温めるまでに時間がかかるから、その間に次の注文の調理に取りかかる。今朝打った蕎麦の仕上がり具合が好かったから、他の調理に専念できるのが嬉しい。蕎麦湯は打ち粉を加えて、一つ一つ丁寧に作ってお出しする。蕎麦湯のポットはあらかじめお湯で温めておく。こうした地道な作業が、食べるお客の満足度に繋がるのだろうと、去年の開店当初に比べると、ずいぶんと仕事が慎重になった。

料理を出し終えたらすかさず洗い物に取りかかる亭主。洗い物を溜めてしまわないのが、閉店後早く帰宅できるコツ。これも、スタッフ共々最近では随分と手慣れてきたことの一つです。今日は、胡麻油と綿実油と一斗缶が二つも届いたから、今月もまた仕入れの額が増えそう。客の居なくなった頃に、問屋に電話をして天ぷら粉を注文する。月々の赤字解消まで後一歩なのに、食材の仕入が売上の6割近い現状では、なかなか難しいというのが真相なのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.