青く晴れた空と冷たい風…

今朝も8時間の睡眠から目覚めて、居間の椅子に座れば、peko のいたゲイジが片付けられて、広々としているのに改めて気が付くのでした。若い息子の手早い片付けに触発されてすぐにワックスを掛けていた女将のお蔭。ウッドデッキには、粗大ゴミで捨てるゲイジが立てかけられている。それに比べて亭主の折りたたみ式の自転車は、一年前から置いたままだし、夏に出した蚊取り線香の豚の置物や、窓拭き用の道具はそのままになっている。

何を勘違いしたのか、木曜日の朝だとばかり思っていた亭主は、コーヒーも飲まずに釣り銭を持って蕎麦屋に出掛けようとしたら、女将に「今日は水曜日よ。夜のパトロールもあるでしょ」と言われて、ゆっくりと椅子に座り直してコーヒーを入れてもらうのでした。まだ休みの日なのだと、なんか一日得をした気分だったけれど、あとから考えれば認知症の第一歩ではないだろうなと、不安になるのでした。空の青さだけが妙に印象に残る朝。

午前中の仕込みが終わったらプールに行こうと、水着とタオルをバックに入れて車で蕎麦屋へ出掛ける亭主。まずは昨日のうちに出汁取りの準備をした釜に火を入れて、隣の火口で蕎麦豆腐を仕込んでおきます。一番出汁を3㍑作ったら、二番出汁を5㍑追い鰹で仕込んでおく。寒くなったから温かい汁が沢山出ても好いようにと準備に余念がないのです。ここまでで約一時間、残る時間で筑前煮を仕込めばプールに行けると、気が急くのでした。

先週残った出汁を鍋に開けて、切り分けた根菜類や干し椎茸、蒟蒻を刻んで鍋に火を入れる。ここで油で炒めていないのに気が付いたけれど、もう後の祭り。どれだけ味が違うのだろうかと少し楽しみではある。根菜類を煮ている間に鶏肉を細かく切って、片栗粉をまぶし、中華鍋で焦げ目が付くまでよく炒める。隣の火口で灰汁を取って薄口の出汁醤油と砂糖で味付けした鍋に、鶏肉を加えて落とし蓋。弱火で更に5分ほど煮込めば完成です。

11時に蕎麦屋を出てプールに着けば、まだ幼児スイムが終わらずに、隣で大人たちが泳いでいる状態でした。どのコースに入ろうかと準備体操をして待てば、昼食の時間だからか速く泳ぐコースの一人が上がったので、代わりに入れてもらう。二人だけだったから、前の泳者が着いたところで、ゆっくりと個人メドレーで100mを二本アップする亭主。久々に気分爽快なのでした。三ツ葉と小葱とライムと反芻しながらロッカールームに向かう。

地階のスーパーで昨日手に入らなかった食材を買って、ちょうど昼前に家に着く。女将も帰ったばかりと見えて、手伝ってもらいながら、急いで鍋に麺を茹でる湯を沸かして、中華鍋で野菜のあんかけスープを作る。野菜サラダの残りはすべて使い尽くして、肉と海老とモヤシを足したから、野菜たっぷりで熱々の湯麺を二人で食べるのです。満腹になったところで、午後の陽射しが差し込む書斎で、例によって、ひと眠りする亭主なのでした。

運動と食事と睡眠と、これが亭主の健康な生活の基軸かもしれません。昼寝をしても夜にまた8時間も眠れるのだから、健康以外の何ものでもないのです。今日は粗大ゴミに出すpeko のゲージや畳マットを紐で括ったり、書斎を掃除機で掃除したりと、少しは家の手伝いもしているつもり。3 時半過ぎになって、今度は蕎麦屋に出掛けて午後の仕込みを始めます。明日の天麩羅の具材を切り分け、糠床にお新香を漬けたりと結構忙しいのです。

陽が沈む頃に家に戻って、西の空が赤く染まるのを写真に撮っておきました。今日の仕事はこれで終わりではなくて、暗くなった 6時半過ぎには家を出て、夜の防犯パトロールの集合場所に向かうのです。いつものメンバーが集まって、話題はアメリカの大統領選挙なのでした。天頂にはカシオペア座がうっすらと見えて、吐く息も白くなる時間帯です。団地の中を歩き回ってている間に身体が温かくなり、家に帰る頃にはもう汗だくなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 星・月, 未分類, 運動・健康. Bookmark the permalink.