文化の日も縁遠くなって 曇り空……

今朝も8時間の睡眠から目覚めて、お袋様と仕入れに出かける。農産物直売所では、知り合いの農家の奥さんが葉物を棚に並べていたから、挨拶をして小松菜が美味しかったと言えば、種を蒔く間隔が狭いと細い茎の小松菜が出来るのだという。今朝はホウレン草をもらって、どうやって食べるのと聞かれたから、「寒くなったら常夜鍋にするのですよ」と言えば、隣にいた若い女性が「私の家でもそうなのよ」と話に加わるから思わず立ち話。

いつもそうだけれど、詳しく作り方を尋ねる農家の奥さんは探求心がある。今日は筑前煮の材料とトマトやキャベツも好いものがあったからここで仕入れる。小雨の降る中を隣町のスーパーまで行けば、今日は県内産の生椎茸がとても好い。大根も一本 120円だから二本買っておく。細葱と三つ葉はまだ出ていなかったから、明日もう一度来なければならないのでした。店に戻って検品を済ませたら、冷蔵庫に収納して、今日の仕込みにかかる。

大根の半分は切り分けて、なた漬けを作るために塩で押し漬けにしておきます。残りの一本半が五日間のおろしの材料になる計算。次に日曜日に作った蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、冷蔵庫に入れておく。筑前煮を仕込みたいのだけれど、先週は沢山作りすぎて余ったから、買っておいた新生姜を使って炊き込みご飯を作ってみようと考えた。蒟蒻も干し椎茸もニンジンも筑前煮の材料を流用できるのです。出汁もあるし薄口の出汁醤油もある。

蕎麦屋で炊き込みご飯を作っても、蕎麦が売れなくなるから、実際にはお客に出せないのが辛いところですが、調理人としては既存のレシピを越えるひと品に挑戦してみたい。露地ものの新生姜は今が旬だけれど、レシピを検索するとどれも生姜と揚げだけを入れたような素朴な炊き込みご飯なのです。身体が温まるから好いと紅茶に生姜を入れて飲んでいる女将も、これなら家で食べられるかも知れないと思ったのです。ちょっと具材が多い。

ご飯を炊いている間に、明日の筑前煮と明後日の天麩羅に使うレンコンを酢水で湯がいておく。いつも天つゆを温める小さな鍋が茶色くなってきたので、酢水をつかって煮ればこの色も落ちてくれるはず。これは調理師学校で習った知識。レンコンも酢が酸化を防ぐから白い色を保つのです。その間に塩で押し漬けした大根に酒粕を煮て冷やしたタレを入れて、砂糖と柚子皮の千切りと唐辛子の輪切りをいれて、なた漬けを漬け込んでおきます。

さすがにご飯が炊けるまでには時間がかかるので、洗い物を済ませて雨の上がった駐車場に出て、玄関前の柊南天の葉に溜まった雨の雫を眺めていました。とりわけ元気の好い植物だから、いつも隣に植えてある馬酔木や紫陽花の花に陽が当たらずに被害を受ける。この時期には小さな黄色い花が沢山咲くから、大きな蜂が飛んできては、花びらを散らすのです。雨で濡れているから、毎週のように気になっているミニ菜園の草取りも出来ない。

12時半過ぎには生姜の香りをぷんぷんさせた蒸気を出してご飯が炊けたから、ラップにくるんで家に持ち帰る準備をするのでした。女将が家に帰っても暖かいうちに食べることが出来る。それまでに、今日の仕入れのデータをパソコンに打ち込んで、台所に戻って昨日の天麩羅の残りをグリルで焼いて、大根おろしを擦っておきます。先週の筑前煮をレンジで温め、味噌汁を作ったらちょうど女将が帰ってくる。ほんのり出汁醤油と生姜の香り。

満腹になったら、急に眠くなって横になる亭主。女将には「よく眠るわね」と呆れられるけれど、眠くなったら寝られるのが隠居老人の特権か。夕刻になって蕎麦屋に歩いて出掛け、明日の出汁取りの準備を済ませておく。今日はまだ1000歩も歩いていなかったのです。帰り道、犬の散歩のご近所に住む親父様と出会って立ち話。今日は文化の日だったと夕食前のひと時、ギターを取り出して昔覚えた曲を爪弾いてみる。忘れ難い遠い日々…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.