陽が差したり時雨れたりで夜は雨。

最近にしては暖かな朝でした。pekoの散歩がなくなったから、朝はゆっくり8時間睡眠。朝ドラを見終えて蕎麦屋に出掛ければ、空は今にも降り出しそうな雲行きなのです。幟だけ出してチェーンポールはそのままにしておく。先日、蕎麦屋の駐車場で、心ない誰かがUターンをしてお隣の駐車場の誘導灯が壊されたから、その予防策でもあるのです。お客にぶつけられて、ねじ曲がった幟を立てるポールも復活させて、できる限りの自衛手段。

昨日の午後に追い打ちをかけたから、辛うじて今日の分の蕎麦はあったのだけれど、暖かい日だというので、足りなくてはいけないだろうと今朝も蕎麦を打つ。蕎麦打ち室の温度は15℃で、湿度は56%。41%強の加水で蕎麦粉を捏ねれば、これがちょうど好い硬さの生地に仕上がって、今朝は恐らく会心の出来栄えなのです。このところ、いろいろな課題を克服してきた成果とも言える。切りべら28本で 130g というのは久々の快挙なのです。

均等な厚さの伸しが出来ているから、八つに畳んで包丁切りをしても、綺麗に切り幅が揃っている。蕎麦が足りないといけないから今朝も蕎麦打ちと言うのは口実で、本当はこの出来栄えを確かめたかったのかも知れない。その日によって出来栄えが違うのかと言われれると、お客に分かる程の違いはないのですが、蕎麦を打っている亭主のイメージ通りに仕上がっているかどうかというのは、もう趣味の世界なのかも知れない。それでも好い。

その日々の切磋琢磨が、美味しい蕎麦を提供できる蕎麦屋という魅力になれば好いのです。蕎麦打ち室を出て、今朝はデザートの抹茶きな粉大福を三皿分包んでおきました。これも毎日のように作っているから、出ない日もあれば売り切れる日もあるけれど、毎日のように作っているからこそ、20gの漉し餡に、白玉粉 50g、氷糖蜜 60g、水 50gで三つ分の求肥を作る作業がスムーズに出来る。今日もにっこり笑って単品でのご注文があった。

昼前はお客がなかったから、やはり月曜日はお客がないのかと思ったら、昼を過ぎてからポツリポツリとお客が入ったのです。お袋様の住むマンションから、例の少年が蕎麦屋に走ってくる。学校の給食が食べられないからと昼休みに学校を出て、家に居るお婆様にお金をもらってやって来るのです。いつものようにスタッフがカルピスとお菓子を出して、亭主は海老を一本揚げて、蕎麦を茹でてやるのです。蕎麦がそれほどまでに好きらしい。

1 時を大分過ぎたから、もうお客も来ないだろうとかき揚げを揚げて、スタッフとぶっかけ蕎麦を食べる。明日は定休日だから、今日の残りはすべて持ち帰らなければならない。今週は天麩羅が随分と出たから、冷蔵庫には野菜類は残っていなかったけれど、切り分けてしまった具材は、出なければ揚げて持ち帰らなければいけないのです。1 時半を過ぎたら、亭主が残り物を揚げ始める。ちょうど油も少なくなって、固めて捨てれば好い状態。

洗い物を片付けて、大鍋を洗っている間に、スタッフが洗って直ぐにしまえる物を片付けてくれる。後は乾かしてからしまわないと黴が発生する恐れがあるのです。女将が残り物を取りに来てくれ、しばらくして外は時雨れて雨がひとしきり強く降る。帰りは置き傘を差して帰らなければいけないほどでした。家に着く間際に、雨の中をお隣の小母様が出掛けていくのを見かけたから、声をかけて車で国道沿いのマッサージ院まで送ってあげる。

お袋様と同世代の小母様です。コーヒーを一杯飲んでパソコンに今日のデータを入力したら、横になってひと眠り30分。早めの夕食には食べるものがなかったから、冷蔵庫にストックしてある餅を今日残った鴨肉で出汁を取って雑煮にして、天麩羅をグリルで焼いて食べていたら、女将も夕食の時間になったから一緒に食べるのでした。夜のプールは泳げる人ばかりひとコースに二人。頼まれた家の買い物は、肉や魚をみつくろって帰宅する。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.