終日快晴だったけれど寒い一日でブルームーン…

今朝はどこまでも青い空が広がる秋晴れで、気分も爽快なのでした。夕べ10時半に眠りに就いたら、今朝は4時過ぎに目が覚めて、月末だからとパソコンに向かって、今年の年末までの収支予定をじっくりと眺めて、来月の売り上げ一覧表作りをしていたのです。今月はダイビングに出掛けなかった分、一週間営業が出来たから、売り上げが増えて近年にない伸びでしたが、それでも蕎麦粉や天麩羅油の仕入れが重なって、数万円の赤字予想。

快晴の朝は希望の朝だろうと、今朝は二回の蕎麦を打とうと、珍しく 7 時台に蕎麦屋に出掛け、朝の仕事を終えたら、糠床からお新香を取り出して、小鉢に盛り付けるのでした。葱きりを済ませて蕎麦打ち室に入れば、室温は13℃、湿度は43%と寒い朝です。750gと500g の蕎麦をそれぞれ41%で打って、二玉の蕎麦玉を作ったところで 9 時。生地を寝かせている間にコーヒーを入れて、厨房で一休みです。生地は上々の仕上がりなのでした。

薄く均等な厚さになるようにと、ちょっと力を入れて本伸しをしたら、横幅が少し広くなりすぎて、今朝は切りべら29~30本の少し細い蕎麦が出来てしまいました。生地の硬さも問題がなかったから、それで十分な仕上がりなのですが、太さに拘るお客には、また「細すぎる」と言われるかも知れない。でも、しっかりと打てているから、コシがあって、喉越しの好い美味しい蕎麦になることは間違いないのです。お客の反応が楽しみ。

昨日までの二鉢目の筑前煮に加えて、今朝は大根のなた漬けを出して盛り付けてもらいました。農産物直売所に蕎麦屋の常連客の農家で柚子を安く出していたから、同じく安くなった大根と漬けておいたのです。週末は昼間でも酒を飲むお客もいるから、三鉢目はそんな時のための一品なのです。晴れ渡った空の下を歩いて蕎麦屋まで来て、粋な小鉢を肴に酒を飲むのも格別だろうとは、亭主の一人勝手なイメージなのかも知れませんけれども。

まんざら空想ではないのは、現にそういった常連さんがいるからなのです。それが今日なのかは知る由もないけれど、これだけ晴れていたら、お客が来ないはずがないと思えるのでした。今日もデザートの抹茶きな粉大福を四皿分包んで、野菜サラダは三皿分を盛り付けておきました。暖簾を出して間もなく、女性の一人客が自転車でいらっして、カウンターの隅に座って天せいろのご注文。新しい油で、薄めに粉を溶いて天麩羅を揚げる亭主。

天麩羅を出す最初のお客はいつも緊張するのです。衣が厚いと衣だけ残すのは女性客に多い。油の温度を180℃まで揚げて、ジュッと音がするように揚げるのですが、最初は冷蔵庫に入っていた具材が冷えているから、微妙に揚がり具合が違うのです。薄い衣でカリッと揚がれば最高なのですが、自動の温度設定ではあまり信用が出来ない。二度三度と揚げていけば、油の具合も分かってくるから、こちらも安心して天麩羅を揚げられるのです。

「お蕎麦は勿論ですが、お新香が美味しかったわ」と言って自転車の女性客は帰られた。きっとご近所の方なのでしょう。いつも亭主の漬ける糠漬けをしょっぱいからと食べない女将も、今日はしっかりとお客の感想を聞いていたから、少しは見直しただろうか。休憩で奥の座敷に入って窓を開ければ、最近、つがいの雀が飛び出して来ることが多いのです。見ればミニ菜園でいつの間にか出来た紫蘇の実を、食べに来ているらしいのです。

予想に反して今日はお客が少なかった。午後は息子が peko の荷物を整理するからと遠くから車でやって来て、蕎麦屋に車を停めて自宅に来たから、お袋様にも電話をして、夕食は蕎麦屋で食べようということになる。幸いお客もなかったから、息子も亭主自慢の串焼きを肴にゆっりとビールを飲むのでした。今の自宅の近くに新しい家を作って、来月末には引っ越しだと言う。正月は皆で集まれないだろうからと、久し振りの親子の会話です。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.