晴れ間も覗いて昼は暖かに…

珈琲を飲みながら朝ドラを見終えたら、いつもの時間に蕎麦屋へ出掛ける亭主。pekoの散歩がなくなった分、朝はゆっくりと眠れるから皮肉なものです。6時台と7時台と同じようなニュースを見て、昨日は高校時代に仲の良かった友人が、法務大臣に法制審議会の答申をしていた映像を見たのでした。女将に話をしたら、蕎麦屋の開店祝いに友人たちと来てくれたから「私も見てみたかった」と言うのです。昔の面影を残して元気でいる様子。

蕎麦屋に着けば、今朝は店の前のバス停に時刻表が掲示されていました。一日たった3本の運行だけれど、自家用車に乗らない地域の老人たちにとっては、2kmもある駅までの足として重宝されるのでしょう。昼と夕刻の買い物に出掛ける便があればそれで十分なのです。蕎麦屋に来るお客さんたちにはどうなのだろうか。人通りの少ない団地の外れの片田舎だから、天気の好い日なら片道は歩いて、行きか帰りに使うぐらいの便利さなのか。

今朝は蕎麦打ちが一回で時間に余裕があったから、蕎麦打ちの前に、なくなっていた返しを作っておきました。本当は一週間は寝かせなければいけないのだけれど、今日のお客の入りによっては、使わざるを得ないかも知れない。早め早めに準備はしているつもりだけれど、減塩醤油が届いたのがつい先日なのでした。それから、解凍してあった豚のハラミを串に刺しておく。これは出なければすべて亭主の晩酌の肴になるから、また嬉しいか。

送料を含めてまったく元の取れない代物だけれど、ある分は消化しなければならない。他にもネットで調べて、国産の安い物を見本に取り寄せては見るのだけれど、量が少しだと送料の方が遙かに高いので困っている。蕎麦屋を回っている出入りの業者に尋ねても、さすがに蕎麦屋で串焼きを出すところがないらしく、ひたすら下町育ちの亭主の好みで楽しんでいるのが現状です。酒の肴ならこれが好いという一品を用意しておきたいのも事実。

今朝も昨日と同じ41%の加水で水回しを始めたのだけれど、なぜか今日は指先で粉の湿り具合が感じられたから嬉しい。届いたばかりの蕎麦粉の新しい粉を使ったからだろうか。袋に入れて冷蔵庫に入れておくだけで、密封してあるわけではないので、蕎麦粉も乾燥するのかも知れないと思った。だから、値段の割安な23kg入りの大袋で頼まずに、5kgずつに小分けして注文しているのですが、値引きの額は少なくてもそれは正解かも知れない。

生地の仕上がり具合も上々で、切り幅も揃って今日もなかなかの出来栄え。こんな日にはお客に来てもらいたいものなのです。厨房に戻って野菜サラダの具材を刻み、二皿だけ盛り付けて残りは綺麗に容器に並べて、次の一皿分をストックしておく。今日はこれが大正解で、最初のお客からヘルシーランチセットの天せいろ。続けてご夫婦でいらっしゃる常連さんが、同じくヘルシーランチセットの天せいろだったから、続けて三セットが出た。

セット物は単品よりかなり割安だから利益も少ないけれど、開店前に仕込んだ料理が次々と出ていくのは、作る側からしたらとても気分が好いのです。ただ、サラダも蕎麦豆腐もデザートも単品メニューと同じ分量だから、年配の方にはちょっと多すぎるのが難。珍しがられた以前は、サラダやデザートも五、六皿は盛っていたのですが、コロナになったら急に寂しくなったから、やはり時の流れに応じてやり方を変えなければいけないのです。

いつもセットメニューを注文なさる常連さんが今日は遅れてきたものだから、「ヘルシーは売り切れたので、野菜を摂るなら天せいろかな?」と亭主が言えば、「海老を外して」と言うので、海老に代えてキスとレンコンとインゲンを添えてお出しする。テレワークの常連さんは今日もビールと鴨せいろの大盛りで、平日にしてはまずまずのお客入りなのです。お客が多いとその分夕刻の仕込みも多くなるから、今日はプールには行けなかった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.