清々しい秋晴れの一日でしたが…

昨夜は10時に床に就いて今朝は6時起床。厚手の寝間着に着替えて寝たからか、寒さも感じないで朝までぐっすり眠ったのです。午後のプールの後で昼寝をしなかったのも好かったのかも知れません。空は晴れ渡り、庭の金柑の実も輝いて見えました。本当に季節を待っているという感じです。いつもの時間に家を出て、蕎麦屋に向かう亭主の足取りも今朝は軽かった。定休日明けは用意することが多いけれど、仕込みはすべて終わっている。

朝の仕事を終えたら、糠床を取り出して、お新香を切り分けて小鉢に盛り付ける。少し水が出て来たので、夕べ煎り糠を足しておいたから、味も好くなっているのです。今日のお客さんに「蕎麦屋に来てお新香が美味しいと嬉しいね」と言われた程なのでした。いつもお一人でいらっしゃって、あまり話したこともない年配のお客さんなのです。蕎麦も美味しかったらしい。今朝は41%の加水で打ったけれど、水回しをよくしたら指先で感じた。

最近では少し水回しの時間が短くなっていたのだろうか。まだ水が蕎麦粉に馴染んでいないうちは、どうも水気がないと思ってしまうのかも知れない。指先に湿り気を感じるまで水回しを続けなければいけないのでしょう。捏ね始めればこれがぴったりの水加減で、丸出しも四つ出しも思うようにこなせたので、80cmほどに伸したら、生地を横にして本伸しにかかるのです。八つに畳んで包丁打ちに入れば、これがまた絶妙の仕上がりでした。

厨房に戻って筑前煮に添えるインゲンを湯がいたら、スタッフが小鉢に盛り付けてくれました。野菜サラダは平日だから二皿だけ盛り付けて、デザートの抹茶きな粉大福はいつもの習慣で四皿分を包んでしまう。これが今日は全部売れたから嬉しかったのです。珍しく男性客ばかりだったけれど、お土産にと持ち帰った方がいらっしゃった。昼前に会社の車で見えた男性も、いきなりヘルシーランチセットの天せいろをご注文でサラダも売れた。

今日は昼前に蕎麦粉が届くはずだったのが、12時前になっても配達がないから、配送センターに電話をして調べてもらったのです。直ぐに担当のドライバーから電話が入って、昼過ぎには届けてくれたから一安心。この天気だから蕎麦が早く売り切れたら、追い打ちをかけなければいけないと思っていたのです。その分の蕎麦粉はもう残っていたなかった。結果として、朝打った蕎麦で足りたから好かったけれど、早めに注文しておくべきかな。

昼過ぎにいらっした男性二人のお客は、仕事の帰りらしく作業着を着たままなのでした。年配らしい男性が「それにしても今日は好い天気だね。秋晴れだよ」と言うので、厨房の亭主もこれに応える。コロナ以前ならば、こんな日は蕎麦日和だから平日でも賑わっていた気がする。ご近所のお年寄りが来なくなったのだろうか。年配の女性客が随分と減ったようにも思える。いつもいらっしゃる常連さん達も、少し顔ぶれが変わったか知れない。

10月の最終週は、毎年、臨時休業にさせてもらって、石垣島にダイビングに行っていたから、去年の記憶がないのは当たり前です。今年はまだ出掛けられないというのが実情。年末恒例の高校時代のクラス会も中止になったくらいだから、GoToトラベルとは言え、電車にも乗らないくらいだから、遊びに行くのに飛行機に乗るのは躊躇われるのです。毎日のように海メロのアップする写真を眺めては、羨ましがるだけ。蕎麦屋も火の車だし。

お客がいなくなったところで、月曜日に打った蕎麦の最後の残りをスタッフとぶっかけにして食べる。きちっと打てた蕎麦は、四日目でも美味しいから驚きです。家に帰る頃には外は相当に暖かくなっていて、上着も要らないほどなのでした。明日からまた少しずつ寒くなってくると言う。peko のいない家に戻れば、女将が稽古場で一人静かに仕事をしていた。毎月出している書道の本に条幅と隷書の写真が載ったと喜んでいたから好かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.