朝から温かい蕎麦の研究で…

今朝は蕎麦がひと束と長芋が残っていたので、朝から家の台所で卵の白身を 7 分間も攪拌する亭主。角が立ってきたらすり下ろした長芋を入れて、温かい汁に入れた蕎麦にかけて淡雪蕎麦を作ってみた。名人の蕎麦大全に載っていたレシピなのですが、これを本当に店で出していたのだろうか。女将は朝食のおかずにと三ツ葉の卵とじを作ったけれど、これを温かい汁の蕎麦に載せて卵とじ蕎麦でも好さそう。「普通の天麩羅蕎麦の方が好い」

確かに女将の言葉通りのような気がする。「コロナでお客が減っているから、飲食店ではレシピの数を絞っているそうよ」と言われて、これも頷けるのです。冬の寒い時期に向けて、新しいメニューを開発したいとは思うけれど、現在のぶっかけ蕎麦は温かい汁にも出来るし、鍋焼きうどんもあるから、それで十分なのかも知れない。どちらも野菜のかき揚げを揚げれば好いから、余分な仕込みは要らないのです。材料と手間は少ない方が好い。

季節のゴボウの天麩羅も試したけれど、見た目が宜しくない。今が旬のレンコンはインパクトがあるから、筑前煮に使うついでに酢水で茹でて天麩羅用にも保存しておく。今日はこの筑前煮を作る工程を短縮しようと、根菜類を先に炒めて出汁で 20 分煮込んでいる間に、鶏肉を切って片栗粉をまぶし、同じ中華鍋で焦げ色の付くまで炒める。そして根菜類を煮込んだ鍋に入れれば、ひと手間省くことが出来る。なぜ今まで気づかなかったのか。

作業の途中で息子から電話がかかって来た。昨日のブログを読んで peko の訃報を知ったらしく、週末に実家に帰るという。もともと結婚前に一人で向こうに住んでいた彼が飼っていた犬で、子供が出来て犬の匂いが嫌だと言われたとかで、実家に連れてきたのです。好く主人に懐いていた犬だから、彼が実家に戻る度に大喜びして駆け回っていた peko だったけれど、いつしか亭主に懐くようになった。人間がとても好きな犬種らしいのです。

それから10年になるのだろうか。もともと猫好きの女将と亭主だったから、まだ前の小次郎という白い猫が家にいた時期で、当初は戸惑いもあったのでした。そんなことを考えながら、鍋一杯の筑前煮を作って、とても店のお客だけでは食べきれないと、家に持って帰る分を分けておく。次に天麩羅の具材を切り分け、玉葱と三つ葉を刻んでかき揚げの材料も用意する。ニンジンは明日の朝、サラダに使う端切れが出るのでこれを利用する。

鍋類を洗って11時前だったから、いつもならプールに出掛けてひと泳ぎの時間なのです。でも今日は、あまり気乗りがしないから、家に戻って女将の帰るまでひと眠りするのでした。「具合でも悪いの?」と、女将が帰って亭主に言うものだから、起き出して台所で昼の支度を始める。昨日作った残りを持ち帰った少しのカレーを温め、一昨日残った野菜サラダの具材でスープを作り、足りないからと買い置きしてあるピザーをレンジで温める。

ものの10分で昼食を作り上げ、女将と二人で食べるのです。ゆっくりと休みを取ったら、午後は一番でやはりプールに泳ぎに出掛けた。プールは珍しく混んでいたけれど、そんな時は、同じコースの人の速度に合わせて泳ぐだけ。家に戻って一休みしたら、今度は蕎麦屋に出掛けて明日の仕込みの続きをするのでした。蕎麦豆腐を仕込み、糠床にお新香を漬けたら、昨日作った蕎麦汁を蕎麦徳利に詰め、塩漬けしてあった大根でなた漬けを作る。

後は業者が天麩羅油と鴨肉と海老を持ってくるのを、コーヒー豆を挽いて待つだけです。「いつもお待たせして済みません」と4時半過ぎにやって来た若者にコーヒーをサービスしながら、他の蕎麦店の様子を聞いてみるのも忘れない。夕暮れ時に家に戻って、新鮮な蕪の葉のお浸しで一献。その間に女将が茄子焼きを作り、先週店で残った鴨肉を焼いて二人きりの夕食なのです。「家が広くなった気がするわ」とpeko のいないのを寂しがる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.