ちょうど14歳と4ヶ月で、愛犬pekoの逝った日…

今日の昼過ぎに我が家の愛犬ペコが亡くなった。床屋の帰りに銀行に寄った亭主が家に帰って、いつもpekoの寝ている女将の稽古場を覗くと、定位置の座布団の上に横になっているから、「peko」と呼んだけれど反応がないのです。身体を揺するとまだ温かいけれど、口元の筋肉が緩んで息をしていなかった。昨日、女将と病院に連れて行ったら、心臓も悪くないし、筋肉もしっかりしているから、まだまだ元気と言われたばかりなのに…。

今朝も早く目覚めた亭主が夜明けを待って、pekoを散歩に連れ出したら、門を出て右に行くから付いて行けば、次のブロックの黄色くなった柿の木のお宅まで歩いて、やっぱりこっちじゃないと、家の前の通りを公園まですたすたと歩いたのです。家に戻っても門からの階段を自力で昇り、玄関を入って足を拭いたらいつものように朝食の時間。昨日からどうも食欲がなさそうだったのですが、今朝も少し残して亭主の椅子の前にやって来る。

最近は自力では足かけに乗れないから、抱いて乗せてやれば、いつもと違って亭主の方を見ながら静かに眠りに落ちていたのです。後から思えばこれが彼女が最期に亭主を見た瞬間だったのかも知れない。後で女将に聞けば、その後で稽古場に歩いて行って、庭に面した窓の傍で座っていたのだとか。最近は日向ぼっこが好きだった。いつものように身体を拭いてやって、女将はスポーツクラブに出掛けたと言う彼女もそれっきり会えなかった。

考えてみれば、同じ家でなくなった女将の両親も、昼寝をして居る間に息を引き取ったから、いつもの自分の寝場所で pekoも安らかに逝ったと言えるのかも知れない。ただ、最近は弱ってきたとは言え、今朝まで元気に歩いていたのにと惜しまれるのです。最期の務めと亭主の散歩に付き合ったのか、これが最期と亭主の膝の上で鼻を擦りつけて甘えて見せたのか、それが犬の性ならば悲しくもある。目を潤ませながらこのブログを書く亭主。

今朝もいつもの時間に蕎麦屋に出掛け、亭主は昨日の洗い物の片付けをして、出汁取りの準備を済ませたら、お袋様を迎えに行って仕入れに向かうのでした。先週はお客が多かったから、途中で買い足す日もあったけれど、週末は忙しいのでなかなか買い物に出られないのです。今日は少し多めに仕入れて、蕎麦粉と海老・鴨肉・天麩羅用の油も電話で注文しておく。月末からは秋の新蕎麦を発送できると言われ、取りあえず春蕎麦 5kgを発注。

蕎麦屋に戻って野菜類を冷蔵庫に収納したら、今朝はやることは多かったけれど、昼前に床屋と銀行にだけは行こうと思っていたから、後ろのレンジで小松菜を茹でる大釜の湯を沸かし、前の調理台でカレーの具材を刻みました。少し寒い日もあるからか、この二週間は随分とカレー蕎麦やカレーライスが出たのです。勿論、鴨せいろや鴨南蛮も出るので今週は長葱を少し多めに買っておいた。小松菜は茹でてパットに並べて冷凍しておきます。

カレーの具材は中華鍋で一度よく炒めてから煮込むと野菜の甘みが出る。一度に10人分ほどのルーが出来るけれど、6袋に分けて冷凍しておきます。これが具沢山の秘密です。最後に出汁醤油を入れるのも蕎麦屋ならではのひと技かな。洗い物をしたらひと月振りに床屋の親父様に会いにいく。11時を回っていたから、今日はお客が他にいなかった。無知なタレント女性たちの出る旅番組を揶揄しながら、例によって世間話に花が咲くのです。

そして銀行へ出掛ける亭主。家に戻ってpekoの亡骸を見つけ、帰る途中の女将に電話をしておきました。それでも帰って来た女将は気が動転して、埋葬してもらうペットの霊園に電話もかけられなかった。やっと連絡が取れ、女将を車に乗せて、亭主が pekoを座布団に寝せたまま隣町まで運んで行く。次々とペットの亡骸を運ぶ客が訪れる受付では、順番待ち。家に帰って遅い昼飯に蕎麦を茹でて食べた頃には、もう2 時を回っていました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.