終日晴天だったけれどやはり平日で…

今朝も寒く晴れた朝でした。昼との温度差が随分とあるのが最近の傾向ですが、pekoは元気に家の玄関から階段を自分で下りられた。帰りも自分で登って玄関まで行くから、目薬を続けている分見えているような気がする。店が終わったら、風呂に入れて、動物病院に連れて行くことにしている。亭主も女将も以前よりもかなりよく世話を焼いているのです。いつもの時間に家を出て、蜜柑の黄色くなったお宅の前を通ってみずき通りを渡る。

蕎麦屋に着いて厨房に入れば、今朝は14℃と昨日よりも寒い。冬場はもっと冷え込むけれど、身体が寒さに慣れていないこの時期は足元から冷えてくるのです。蕎麦打ちの前に夕べ漬けたお新香を切り分けて、今日の小鉢の準備をする。カボチャの従姉妹煮もまだあるので、そんなにお客は来ないだろうけれど、合わせて12鉢。夕べ追い打ちをかけた分と、今朝打つ蕎麦の数と同じだけ用意したことになる。天気は好いのだけれど平日だから。

500g の蕎麦粉を41%の加水率で捏ね始める。室温は15℃、湿度は56%だから、このくらいでちょうど好いだろうと、このところの経験がものを言う。最初に水回しをしている時は、少し水が足りないのではと思うのだけれど、捏ね始めると足りているのがよく判るのです。名人のように指先の感覚だけではまだまだ確かめられない。丸出しも大きな正円に伸して、四つ出しもなんとか四隅を均等な厚さに伸したら、もうしめたものなのです。

本伸しに入ってもまだ油断は出来ないのが、昨日の反省で、左右と中央とが均等な厚味にに伸し広げられるように、両手を棒の中央と両端に動かしながら伸し棒を転がしていく。行きは少し力を入れて伸して、帰りは軽めに転がして均等な厚味を意識して伸すのです。八つに畳んで包丁打ちに入れば、イメージ通りに蕎麦の束が仕上がっていく。今日はかなりの出来栄え。こんな日には是非お客に食べてもらいたいと思うけれど、来るかどうか。

厨房に戻って抹茶きな粉大福を四皿分包み、野菜サラダの具材を刻んで二皿だけ盛り付けておきます。開店時刻まで30分を残して、今日は仕込みがすべて終わったから、昨日の端切れの蕎麦を茹でて、スタッフとぶっかけにして食べておく。暖房を入れていた店内の温度は窓を開けていても22℃まで上がってきたから、エアコンをOFFにして、暖簾を出すのでした。左手のマンションの方からバス通りを歩いて来る男性は常連さんなのです。

例によってビールと鴨せいろのご注文で、出し終えて直ぐにカウンターには団地の橋の向こうの街区の常連さんが車でいらっしゃった。こちらも例によって辛味大根のおろし蕎麦のご注文。平日の月曜日だというのに随分と早い時間からの出だしなので、ちょっと期待する亭主でしたが、後が続かないから天気が良くてもやはり平日なのかと思っていたら、1 時前になって、見知った顔の男性が、若い女性の運転する会社の車でご来店なのです。

お二人とも丼物のセットメニューを頼まれて、しっかりと昼食を取るといった感じ。食事を終えて、男性がカウンターのこちらの亭主に「その後、屋根の調子はいかがですか」と話しかけるから、「いつもお世話になります」と応えるのでした。確か、台風で被害に遭った自宅の屋根の修理を、団地の開発業者に頼んだ折に、家に来てくれた方なのでした。今日は新入社員を連れて、遅い昼食を食べに来たのだろうか。有り難い人の縁なのです。

閉店間際になって、背広を着て帽子を被った老人が奥様らしい女性を連れて「かけ蕎麦あるか」と言うのです。テーブル席に着こうとするのを、脇からスタッフが「手指の消毒をお願いします」と大きな声で言うものだから、気分を害されたのかそのまま外に出て行ってしまわれた。気まずい雰囲気。「人を見て声をかけなさい」と亭主がたしなめる。二時半には店を閉めたら、家に帰ってpekoを風呂に入れ、動物病院に連れて行くのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.