雲一つない青空で、今日も満員御礼…

寒い朝でしたが、空は雲一つなく何処までも青く、気持ちが好いのでした。やっと起き出して来た peko を散歩に連れ出せば、今朝は目の調子が好いらしく、玄関から門までの階段も一人で下りられたから好かった。例によって彼女任せの散歩だから、亭主はリードを持ったまま後について行くだけなのですが、今朝は家の前の坂道をどんどん歩き出して、いつもなら左に曲がるところを右に曲がって、みずき通りまで行きそうな勢いなのです。

さすがに家に帰る道が分かっていないと判断して、腕に抱いてもと来た坂道まで戻るのでした。途中、新しい若い犬を飼い始めたご近所の親父様に会って、「目がよく見えないのですよ」と言えば、「歳を取るとみんなそうなんだよ」と前の犬の話をする。それでも、最近は出来なかったのに、家の階段を自分で昇ったからまだまだ元気。目の調子が好いのが原因なのかも知れない。早速、女将に報告すれば、「好かったわねえ」と喜んでいた。

いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、今朝は一番で糠床から夕べ漬けた漬け物を取りだしたのです。昨日のお客が多かったので、小鉢の数が足りなくなったから貴重な戦力。カボチャのいとこ煮と合わせて、15人分を用意したけれど、それでもまだ不安なのでした。コロナの時期になってからというもの、週末に二日続けて混むことはなかったのですが、今朝の天気ではもしかすると、昨日以上の蕎麦日和なのではないかと期待が持てるのでした。

蕎麦打ち室に入れば、朝の気温は15℃と低く、湿度は56%なのでした。加水は40%では足りないだろうと、今朝は41%強で蕎麦粉を捏ね始める。それでもまだ硬いかと思ったけれど、捏ねていくうちに少しずつ柔らかな粘り気が出て、何とか菊練りまでこぎ着けるのです。蕎麦玉をでっち上げたら捏ね鉢を洗って、女将がやって来る頃には厨房で一休み。あまりにも室内が寒いから、窓を開けてエアコンを入れれば、18℃まで上がったきた。

再び蕎麦打ち室に入って、蕎麦玉を伸し広げる。昨日よりも更に大きな円にして四つ出しを始めると、やはり、伸し易い。本伸しまでの時間が短縮できるということが分かった。そのためには、水回しの段階で、ほどよい柔らかさにしておくことが肝心なのでしょう。切りべら28本で 135g はいつもと同じ、中程で、30本の箇所があったのは、生地が薄くなっている証拠。伸し棒の扱い方にももっと気をつけなければいけない。難しいものです。

厨房に戻って抹茶きな粉大福を四つ包む。昨日の大福が二つ残っていたから、全部で六皿あったはずなのに、今日は見事に売り切れたから凄い。野菜サラダを盛り付け終えて、暖簾を出せば、直ぐに裏の家のお兄さんが珍しく一人でご来店。続けて隣町の一級建築士の親父様がやって来て、日曜日なのに昼前からカウンターにはお客がいる状態なのでした。こんな日はお客が来るだろうと思っていたら、昼過ぎから続々と車が入ってきたのです。

1 時前にわざわざ電話をかけてきて、「お蕎麦売り切れていませんか」と確かめるお客もいたのです。週末は多めに打つから大丈夫だけれど、昨日はこの時間にはもう残り僅かなのでした。外は雲一つない青空だけれど空気が冷たいからか、今日は鴨せいろを含めて温かい蕎麦が随分と出た。後半が混んだ日曜日、「一人でもお客が増えるといいね」と言ってくれた隣町の町内会長さんご夫婦もいらっして、まだまだ後からお客が続いたのです。

1 時40分には「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、若いカップルが食べ終わる前に洗い物と片付けを始める女将と亭主。とっくに閉店時間は過ぎているのでした。スポーツクラブに行く女将を先に帰し、一休みした亭主は大釜の洗いを済ませて家路をたどる。ひと眠りして再び蕎麦屋に行って追い打ちをかけて、用意して待ったけれど夜はなかなかお客がないのが最近の傾向。早めに暖簾をしまって、遅く帰った女将と一緒に夕食を食べられた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.