彼岸過ぎの真夏日…

朝から気怠い生暖かさで、身体の具合でも悪くなったかしらと思うほどでした。それもそのはず、お袋様と仕入れに出かける頃にはなんと車外温度26度なのです。気温の高さ以上に湿気の多い朝なのでした。彼岸も過ぎて、夏の花たちもすっかり勢いがなくなった中で、玄関前の垣根の木槿も沢山つぼみを付けたままで花を終えようとしています。蕎麦屋の庭のお銀も、種を付けながら最後の一花を咲かせている、今はもう秋。昔、そんな歌の文句がありましたっけ。

蕎麦屋の駐車場脇に植えた金木犀が、可愛らしい花を沢山付けて、辺り一面に香しさをまき散らしていました。団地の通りのあちらこちらでこの香りが漂ってくるものだから、まだ薄暗い早朝なども道を歩いていてはっとするのですね。そして、何処か人恋しいような気分になるから不思議なのです。そう言えば、パソコンで見ているFacebookのコメントに、来月初めに友達と蕎麦屋にお邪魔しますと書き込みが…。もう、好い年頃になったでしょうに、嬉しい知らせ。

涼しくなる秋はやはり人が動きやすい季節なのかも知れません。月末には秋休みを取る予定の自分を含めて、11月にかけて結婚式やらクラス会やらと、臨時休業をさせて頂く日が目白押し。あまり、休むのもお客様に失礼かと思って、これまで定休日だった祝日にも営業をするようになりました。一月前にはこのホームページや店の看板に掲示するようにしています。少し時間のあった昨日の夜は、久しぶりにGoogle+の方のHPの写真も入れ替えたのでした。

今朝も女将に「ずいぶんは早いわね」と言われて蕎麦屋へ出掛け、仕入れの前に昨日準備をしてあった出汁を取る。一日に2㍑~3㍑ずつ一番だし二番だしで出汁を取って、20人分強の蕎麦汁と、鴨せいろの汁、味噌汁、天つゆ、煮物、温かい蕎麦の汁用に、それぞれ容器に分けて冷蔵庫で保存する。これは蕎麦打ちと並んで店の営業の要です。お客が来なくても毎日打つ蕎麦の分だけは出汁を取るから、二番出汁が残る日もあれば足りなくなる日もある…。

隣町の魚屋スーパーは、開店直後だと駐車場も空いている。昨日、下見を兼ねて一度来ているから、新しく入った品は比較的新鮮な物が多い。一人暮らしのお袋様も、自分でカートを押しながら店内を歩いて、いつも沢山買い物をする。彼女も根っからの料理好きだから、何をどのように使おうと考えるのが楽しい様子。昨日と同じお姉さんの打つレジに並んだら、親切にも大根や長葱を袋に入れてくれて、明るい受け答え。客商売はやはり笑顔で接するのが好い。

お袋様を家まで送り届けたら、亭主は蕎麦屋で昼まで明日の仕込み。糠漬けは明日の朝に漬け込まないといけないけれど、煮物の類は今日のうちに済ませておかないと朝が忙しいのです。特に定休日明けの木曜日は、二回の蕎麦打ちを含めてすべてゼロから始まるから、木金の二日ぐらいは小鉢に使えるように食材を準備しておく。明日も暑そうだから、最近、さっぱり味が好評のトマトとオクラ、ナメコのぽん酢和え、そして、南瓜と小豆のいとこ煮を作っておく。

最近は、お客が少ない日が続くし、まだ蒸し暑いので、デザートも蕎麦豆腐も明日の朝仕込んで2日目ぐらいで消費するようにしている。勿論、残ってしまったら、家に持ち帰って3日目4日目も食べている。あまり店の残りものばかりが続くと、女将の機嫌も悪くなるから、少量ずつ作る工夫も忘れない。先週は売れ残った厚揚げの田楽を、グリルで焼いたまま持って帰るのを忘れて怒られました。歩いて2.3分だけれど、1日の仕事を終えて帰宅するともう動きたくない。

女将が夕刻にスポーツクラブから戻る時間には、亭主はラーメン・餃子を作って軽く夕食を食べてしまう。自分が出掛ける夜のプールの水泳練習までに腹ごなしをしておくためなのですが、こちらが台所に立つともうpekoがぐるぐると回り始めて夕食の催促をするのです。帰宅した女将が夕食を食べ終わる頃に、今度は亭主が夜の水泳に出掛ける。今夜は比較的プールは空いていたので、いつもよりも長い時間泳いでいました。夜も暖かく汗びっしょりで帰宅…。

ドライベルモットとジンをシェイクしてマティーニで身体を冷やす。酒の肴は女将の作ったトマトとオクラのぽん酢和え。亭主のレシピを盗んだのでしょうが、オクラのぶつ切りは食べづらいし、トマトの角切りも大きさが揃わない。料理は栄養や配色、味だけではなく、食感が大事なのだと今度言ってやろう。テレビでも見ようと思ったけれど、何を勘違いしているのか、自分も食べる時間だとpekoが食べ物を狙っている。まあ、食べるのが好きなのは主人に似たのか…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.