奇(く)しくも今日は蕎麦日和で…

暖かい朝でした。散歩に行く気でいた peko を連れて、家の前の通りに出れば、今日は少し目の調子が好いのか、すたすたと歩くから驚きました。やはり目薬を使い続けているのが功を奏したのでしょうか。調べたら人間のかすみ目にも使う薬と全く同じものでした。空は雲が多かったけれど青空も覗いて、天気予報の通りに一日中曇りになるのか、風で雲が流れて青空が広がるのか、気になるところなのでした。陽が差せばさらに暖かになる。

家に戻って朝食を与えたら、亭主の膝に乗って目薬の時間。見えるから尚更でしょうが、首を振り前足を使って嫌がるのを、上の方からポタリと点眼する。これは女将に出来ない芸当なのです。洗面を済ませた亭主が出掛ける頃には、亭主の座っていた場所に移って、何か物思いに耽っている様子。そう見るのは人間の性(さが)なのでしょうけれど、眠ってばかりいるよりは好いと女将も亭主も思うのです。蕎麦屋に着く頃には青空が広がる。

蕎麦打ち室に入れば、室温18℃、湿度は68%だったけれど、40%以下の加水ではまた硬くなるだろうと、41%弱の加水で蕎麦粉を捏ね始める。外の様子では、今日は陽射しも出て暖かいから、きっと蕎麦日和になるに違いないと、好い蕎麦を打とうと専念する亭主。加水がちょうど好かったのか、丸出しで広く伸したのが好かったのか、本伸しでも均一な厚さで伸し広げることが出来て、これなら今日はかなりの出来栄えだと思えるのでした。

八つに畳んで包丁を打てば、少し柔らかいから乾いた音はしなかったけれど、綺麗に切り揃えることが出来てかなり満足。昨日残った蕎麦と合わせて16食を用意して今日の営業に備えるのでした。これは、コロナ以前の蕎麦の用意と同じですが、まさか全部出るとは思わないから、夜の営業に使っても好いと思っていたのです。ところが、今日はこの秋一番の蕎麦日和だったらしく、昼の間にすべて完売で、久々に厨房は嬉しい忙しさなのです。

女将が盛り付けるイカと大根の煮物も今日で終わり。お客が多い日が続くと、小鉢もすぐになくなるから、昨日のうちにカボチャのいとこ煮を用意してあるのです。厨房に戻った亭主は、抹茶きな粉の大福を四皿分包んたら、野菜サラダの具材を刻み始めるのでした。天気が好くなると、こちらの気分もやる気になるから不思議なもので、いつもの朝と同じ仕込みをしているのにやる気が出るのです。昼の前からお客がいらっして、直ぐに満席。

ご新規のお客様もいれば常連のお客もいる。ネットで調べて隣町からいらっしたと言うお客が、霊犀亭の「霊」の字が不吉だと言うので、李商隠の詩は高校の教科書にも載っていると、店の名前のいわれを説明する亭主。漢和辞典を引いてみれば、「霊」言葉の意味は一目瞭然なのですが、知らないということがどれだけ自身の世界を狭めているか、分かっていただけだろうか。他のお客もいらっしゃるから、丁寧に説明してさしあげたつもり。

次々と来店するお客の中には、四人でいらっして全員が天せいろのご注文をするお客もいらっしたから、「同じ物で助かります。有り難うございます」とカウンターのこちらから亭主が声をかける。次のお客が来ているのを見て、「今出ますから」と言ってくださるお客もいるのでした。小さな蕎麦屋の霊犀亭では、お客も一緒に店の営業に協力してくださるのが嬉しい。一段落したかと思ったら、女将の友人達が待ち合わせていらっしゃった。

更に 1 時半過ぎにもご夫婦でご来店のお客があって、生舟の中の蕎麦はすべて売り切れ。コロナの時期にしては本当に珍しいことなのです。洗い物を片付けて女将と二人で 3 時前に家に戻ったら、亭主は一眠りで爆睡。蕎麦汁や小鉢の明日の仕込みも残っていたので、お客の来ない夜はひたすら仕込みなのでした。go to 何とかが感染対策には好くないと言うお客もいるけれど、実際の現場では死活問題だと思うのは、同じ仕事をするからかも。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.