暖かな薄曇りの一日で…

5 時半過ぎには外が明るくなったので、朝食を食べ終えた peko を抱いて公園まで行く亭主。公園の芝生の上でしばらくウロウロしたら、家の方に向かって歩き出したので一安心なのでした。空は燃えるような朝焼けが見事で、今日は晴れるのだろうかと気が揉めた。予報では曇りの一日なのでしたが、少しでも陽が差せば気温が上がるから嬉しいのです。気温が上がれば、蕎麦屋のお客も少しは増えそうだから、尚更のこと期待するのです。

peko に目薬をやって、しばらく居間の椅子に座って膝に乗せていたけれど、やはり朝が早いとまだ寝足りない気がするのです。少しだけ横になってウトウトしたら、もう朝ご飯の時間でした。食事を終えて珈琲を一杯飲んだら、洗面をしていつもの時間に家を出る亭主。庭の金柑が陽を浴びて輝いていました。もう少しで黄色くなる実もあるようで、朝日の当たる枝の側だけがやたらと沢山の実が付いているのです。大型の実が期待できそう。

蕎麦屋へ行く道の呪文は、「お新香、米研ぎ、葱切り」と、その朝一番でやらなければならない仕事の段取りを反芻しているのです。昨日は少し早い時間に漬けた糠漬けは、早めに糠床から出してやらないと塩が効きすぎる。季節も終わりの茄子や胡瓜も段々と細く小さくなってきたから、しょっぱくならないかと心配なのでした。果たして、毎日掻き回している糠床が元気だから、ちょうど好い味。米を研いで炊飯器にかけたら蕎麦打ち室へ。

室温は18℃、湿度は68%だったけれど、ぴったり40%の加水で蕎麦粉を捏ね始める。毎日のように気温と湿度は変わるから、その度にびくびくと加水に悩んでいては、蕎麦打ちに集中できないのです。加水が多すぎなければ取りあえずは好しとして、打ち始めるのが最近のパターン。硬すぎれば水を足せば好いだけのことなのです。捏ね始めて柔らかすぎて粉を足すのは、何回も捏ねて水分を散らす修復するまでの時間のロスが大きいのです。

今朝もちょうど好い塩梅の硬さで、菊練りを終えて、蕎麦玉をでっち上げたら厨房に戻って葱切りを終える。再び蕎麦打ち室に戻って、丸出し四つ出しを済ませれば、もうあとは本伸しをするだけ。このところの何日かで、丸出しを大きく仕上げて、四つ出しで均等な厚味を出せるようになったから、本伸しでは四隅で丁寧に角を取るぐらいなのでした。八つに畳んで包丁切りをする時には、既に今朝の蕎麦打ちの仕上がりは判っているのです。

厨房に戻って野菜サラダと抹茶きな粉大福を作り終えるまでに、スタッフがもう一品の小鉢にイカと大根の煮付けにインゲンを添えて盛り付けてくれた。開店まであと20分というところで、亭主が駐車場に出て5本のチェーンポールを降ろす。昨日の心ない人のU-ターンでお隣の誘導灯を壊したのも、蕎麦屋のチェーンポールを降ろしたままだったからかと、初心に返って車が進入できないようにしておいたのです。ひと手間かかるのは覚悟。

今日は暖簾を出したら直ぐにお客がいらっして、昼前に次々とお一人のお客がカウンターに座るのでした。外が暖かいからか珍しく近所の社長さんも歩いていらっして、密を避けるためにテーブル席に一人で座っていただいた。こんなにお一人の客が続くのも滅多にないけれど、ほとんどが常連さんで、辛味大根おろし蕎麦の常連さん以外は、すべて天せいろだったから出だしは快調なのでした。まだ12時なのにテーブル席には女性の二人連れ、

「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、亭主が追い打ちをかけようと思ったら、やはり歩いていらっしゃる常連さんが、スーッと入って来てカウンターの奥に座ってまずはビールと鴨せいろの大盛りのご注文。まだ 12時 10分なのでした。注文の品を出し終えて亭主は急いで蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つ。もう、次のお客の車が駐車場に入ってくるのでした。打ったばかりの蕎麦は、さすがに美味しいと満足な様子。こんな日も滅多にない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.