蕎麦屋の前にバス停が出来る…

二日続けて晴れた日も珍しい。今朝は早朝と食後とに二度にわたってpekoを散歩に連れて出たから、蕎麦屋に着くのが遅くなったのです。夕べは初めて女将がpekoと一緒に寝てくれたので、亭主はゆっくりと眠れた。いよいよ夫婦揃って 24 時間態勢で老犬の世話。昨日から工事をしていたのだけれど、今朝は蕎麦屋の前の歩道の端に、バス停の看板が立っていた。いよいよ11月から200円均一のバスで団地周辺から駅までバスが通るのです。

これまでも、大型ショッピングモールまでの無料バスが走っていたのだけれど、今度は長い間この団地を開発して来たデベロッパーが、正式な交通システムとして営業を開始するらしいのです。団地の中央はモノレールが、その周辺は小型バスが駅とを繋ぐ足となる。お蔭で霊犀亭の前に「小竹入口」という停留所が出来て、店の営業に少しは変化が出るのか。駅から徒歩かタクシーで来るしかなかったから、遠くから来る人には便利になった。

厨房に入ってまずは蕎麦豆腐を仕込み、天麩羅の具材を切り分けて容器に詰めれば、今日の仕込みはもうお終いです。後は夕方、防犯パトロールに出る前に、ぬか漬けを漬けるだけなのです。昼前にプールに行って泳いでこようと思っているから、午前中の残る時間をどう使うか、昨夜から悩んでいたのです。草取りやグリストラップの掃除をするにはちょっと時間が足りないから、レンジ周りの掃除をして明日の営業に備えることにしました。

台所用洗剤で軽く擦って時間をおいてから雑巾で拭き取っていく。普通の家庭用のダブルキッチンだから手間はかかるけれど、狭い厨房の通路を夾んで振り向けば次の作業に入れるから便利です。後ろの火口は大釜二つに湯を沸かし、普段は蕎麦を茹でるだけに使っているのですが、油汚れはないから掃除も楽ちん。前のレンジで天麩羅を揚げるから、油が飛んだり、汁物を吹きこぼしたりと汚れが酷い。準備から片付けまで30分で終了です。

店の玄関を出ようとしたら、散歩途中らしい女性が二人、蕎麦打ち室の窓に貼った看板を読んでいるようだったから、店置きのパンフレットを二枚差し上げる。「いつからここにお店が出来たのですか」「6年前ですよ」「今度食べに来ますね」と言って歩いて行く。昨日も男性にパンフレットを渡したから、結構、年配の方が散歩で通って興味を持たれる方がいらっしゃるようなのです。平屋の蕎麦屋は近ごろでは案外と珍しいかも知れない。

11時前にスポーツクラブに着いたら、いつも利用している入口側のロッカルームは一つも空いていないので、通路の奥の広いロッカールームを初めて使った。そんなに混んでいるのだろうかと心配しながらプールに降りれば、こちらは適当な人数で歩くコース以外に3つのコースに 2、3人ずつ泳いでいるだけでした。その隣でお母さんと一緒の幼児スイムを音楽に合わせてやっている。準備運動を終えていつものようにマイペースで泳ぎ始める。

帰りにpekoの餌を買ってきてと女将に言われていたから、14歳以上の柔らかいドッグフードを捜して籠に入れるのでした。後はヨーグルトと炭酸水、青森産にんにくのチューブ入りを買って、女将より一足先に家に帰りました。厨房に立ってカレー炒飯とスープを作って二人で食べる。庭に出たいというpekoの相手をして、しばらく縁側で日向ぼっこ。女将が美容院に行く前に風呂に入れたいと言うので、また亭主がひと働きするのでした。

夕刻になって歩いて蕎麦屋に出掛けようとすれば、庭のカッシアの黄色い花が青空に映えていました。ご近所のご主人が通りがかって「何という花ですか」と尋ねるのでした。蕎麦屋で漬け物を漬けて帰ろうとすれば、お隣の車庫の誘導灯が、蕎麦屋の駐車場に無残に飛び散っているので知らせてやる。二人で掃除をしながら誰かここで U-ターンをしたのだろうと話をする。チェーンポールをすべて揚げて、新しいバス停の脇から森を眺めた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.