昼までは秋晴れの空でしたが…

昨夜も一時間起きに目が覚めて、一緒に寝ているpekoの様子を窺う亭主。朝になるとやはり散歩に出たいらしくて吠え始めたけれど、玄関の上がりかまちから落ちてしまうし、門までの階段は降りられない。女将が医者からもらってきた目薬を差して、なんとか眼は開けられるようになったのだけれど、どうも眼がよく見えていないらしいのです。家の前の通りに出ると、あっちへ行きこっちへ行き、とうとうぐるぐると同じ所を回っている。

秋らしい気候で青空も覗いていたから、気持ちのよい朝なのでした。白い木槿が最後の花を咲かせていた。朝食後にまたひと眠りした亭主は、洗面を済ませてコーヒーをのんで、やっと目を覚ます。いつもより少し遅く蕎麦屋に出掛け、蕎麦打ち室を覗けば、室温18℃湿度は57%なのでした。昨日の失敗を繰り返さないように、今朝はぴったり40%の加水で蕎麦粉を捏ね始めました。水の量はたった 5g しか違わないのにこれがちょうど好い。

それほど硬さが昨日と違うとは思えなかったけれど、地伸しを終えて、今朝は丸伸しにじっくりと時間をかけて、いつもより更に広げて四つ出しに入る。これが良かったのだろうか、本伸しも綺麗に伸し台の奥まで生地を広げられたのです。八つに畳んで包丁打ちに入っても、今朝はトントントンと乾いた音で、切りべら28本で 135g 前後になるのでした。切り幅も、昨日よりずっと均等に切れていたから、今日はまずまずの仕上がりなのです。

昨日生舟に残った蕎麦と合わせて、今日は久しぶりに15食の蕎麦を用意して厨房に戻る。気温も少しは高くなりそうだったし、薄日の差していた空も、西の方からどんどん青空になっていくから、もしかして、お客が入る蕎麦日和になるかも知れないと思ったのです。最近は週末もどちらか一日はお客少ないことが多いから、今日は昨日と違って天気も好いし、これでお客が少なければ、新型コロナ感染の時期だからと諦めるしかないのでした。

亭主の願いが通じたのか、暖簾を出す前に玄関の外に人影が見えた。扉を開けて見ると駅前の高層マンションに住む常連さんで、外の長椅子に腰かけて「まだ 3 分前ですよ」と笑って店の中に入られた。カウンターに座ってまずはビールとおっしゃるから、亭主が「何か焼きますか」と言えば「ハラミ二本お願い」と、慣れているから世話がないのです。「今日は奥様がいらっしゃらないのですね」と女将が言えば「今日は女子会です」

串焼きを焼いている間に、娘さん二人を連れた常連のご夫婦が車でいらっして、オーダーが入る。こちらも慣れているから、天せいろ一つにせいろ蕎麦三つとデザートのきな粉大福をご注文。これだと相当に早くお出し出来るのです。天麩羅を揚げている間に、串焼きを出して、せいろ蕎麦三つを茹でてお出しする。女将が配膳している間に亭主が天せいろのセットをして、天つゆと天麩羅を盛り付け、蕎麦を茹でる。気心が知れていると好い。

カウンターの常連さんは熱燗のご注文で、司牡丹を白地の美濃焼二合徳利に、白地のぐい飲みを付けてお出しする。酒の肴はメゴチと海老の天麩羅。その後も四人のリピーターのご家族連れがいらっして、こちらは一人ずつすべて違うご注文だったから、女将がちょっとまごついた。「順番にしか出来ないのだから」と亭主が指示をして、ぶっかけ蕎麦の大盛りを出して、とろろ蕎麦を出す。ヘルシーランチセットは野菜サラダと蕎麦豆腐から。

カウンターのお客は熱燗のお替わりで、鴨せいろのご注文。天丼セットは最後で、味噌汁の出来る時間に合わせてお出しした。洗い物を次々と片付けて、そろそろ閉店の準備かという時間にリピーターの老婦人お二人が車で見えて、せいろ蕎麦とお土産のきな粉大福のご注文です。午後の追い打ちをしなくて済むかと思ったけれど、家に帰って一休みしたらまた蕎麦を打つ亭主。夜は早く店を閉めて、家にかえって peko の世話をするのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.