運転免許更新の日…

霧の深い朝でした。今日は五年に一度の運転免許更新に行く予定で、朝の受付が8時30分からだというので、いつもと同じ早起きの朝なのでした。久しぶりに高速道路に乗って、自宅からは40分ほどの距離でしたが、平日だというのに開始時間前から行列が出来ているから、車社会もまだまだ健在のようです。さすがに仕事で忙しい年代の人の数は少なく、老人と女性、そして学生の年齢の若者ばかりなのでした。講習を受けて約1時間半。これで五年間は安心…。

隣町のスーパーに寄って今日できる仕込みの食材を買って帰るのでしたが、昼飯を食べに家に戻ると、家の前の道路の舗装工事が始まっていました。床屋へも行きたかったけれど、しばしの我慢。仕入れの伝票をデータ入力して、昨年の同じ時期との差を比べてみる亭主。食材の仕入れも、消耗品代もかなり減らせているけれど、やはり、肝心の売上が7月以降は右肩下がりで、大型ショッピングモールの進出のあおりを食った状態なのか。じっと我慢のしどころ。

若い頃と違って、歳を取るとこの我慢という待ちの姿勢があまり苦ではなくなるから不思議です。何もしないでただ待っているのではなしに、虎視眈々と次の一手を考えていると言えば聞こえが好いけれど、夢や幻想の世界とは紙一重。様々な情報を正しく見分ける力は年の功なのでしょうが、余り間違った方向に進み出すと取り返しが付かない。だから、極力出費を控えて、蕎麦を打ちの修行を重ね、身近に手に入る季節の食材を使って美味いメニューを考える

世の中にはこうした苦労を抱えた自営の商店をターゲットにして、様々な宣伝文が満ちあふれている。「我慢していればいつかはお客が…と思っているのは最悪」などと言って、宣伝の効果を吹聴する広告業者や、経営のコンサルタントらしき営業をする会社、電話であれこれと店の内容を尋ねて営業活動を展開する人々。今までよりも沢山売れればいいという商店にとっては、ちょっと耳を貸したくなるような内容ばかりなのです。隠居仕事はちょっと考え方が違う。

地域の人々に静かに安心して安い良質な食事の時間を楽しんでもらいたいという、こちらの店の営業の趣旨を、お客様にも少しずつ理解してもらえることがまずは第一番。そのためには、蕎麦打ちを初めとして、メニュー研究やら食べ合わせの栄養評価など日々の研鑽を惜しまない。「食は人を良くすると書く」という言葉通り、地道に調理を通してお客と接する姿勢を貫いていきたい。安かろう悪かろうで手っ取り早く好きな食べ物が食べられればいいのではない…。

ひと月ぶりにに床屋の親爺様の顔を見て、「近ごろの床屋事情は…」という彼の言葉が身に沁みる。職人気質と言うものを論じるほど経験はないけれど、いつかそんな蕎麦屋になって見たいのです。今日は、車であちこちと出歩って気分転換もできたから、夕刻に蕎麦屋へ立ち寄って明日の出汁取りの準備を済ませる。来週はどんな小鉢を作ってやろうかと、一丁前に創作意欲が湧くのです。この繰り返しによってしか、「美味い料理」を作る近道はないと思える…。

 

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.