定休日二日目も暖かな一日で…

今朝は peko の散歩にも上着のいらない程の暖かさでした。例によってあまり歩きたがらないから、亭主が公園まで抱いて100m 以上歩いてから地面に降ろすのです。家の前の通りを公園まで一本道だから、今朝は迷うことなく自宅に戻ることができました。青空は覗いているけれど雲の多い朝で、女将が今日は洗濯日和だからと大きなシーツを洗って干している。やっと時計が 9 時を回った頃に、「行って来ます」と車で蕎麦屋に出掛ける。

今朝も早くから起きられたら庭の草取りをしようと思っていたけれど、何事も三日坊主で一時間遅く床に就いたら、一時間遅く眼が覚めるからどうしようもない。定休日の一日目というものは、身体も疲れていないし、明日も休みだからと、夜も早くには眠くならないのです。厨房に入ってまずは蕎麦豆腐を仕込み、厚揚げ田楽にかける肉味噌ダレを仕込んでおく。最近は、あまり注文が入らないから、メニューから外そうかとも考えていた。

ただ、メニューは今年の 4 月に値上げをした際に変えたばかりだから、肉味噌ダレを仕込む手間を惜しんで、折角、開発したメニューをなくしても好いのかと自問した結果、短気にならない方が好いと考え直したのです。新しく考えるメニューも、直ぐには店のメニュー表には載せないで、しばらくはカウンターのホワイトボードに書くようにしているのです。変わり映えのしない料理に作る側は飽きても、お客は蕎麦を食べに来るのだから。

最近、冬場に向けて何か新しいことをしてみたいと、糠味噌に漬ける野菜をいろいろ試して見ようと考えて、昨日はニンジンと長芋を漬けてみたのです。ニンジンは甘みがあってなかなか美味しいし、長芋もクセがなくて食べやすい。あとは漬ける塩加減と時間を上手く調整して、夏野菜のなくなる頃には小鉢で出したいと思うのです。今日は小松菜に塩をまぶして、水が出たところで糠床に漬けてみた。恐らくは半日ぐらいで食べられるはず。

昨日やり残した筑前煮の仕込みを始めたら、やはり手間が結構かかるので、BGMに流したP.P.M.のCDを聴きながら黙々と包丁を動かしていく。仕込む時間の短縮は、この包丁さばきしかあり得ないのです。調理師学校時代に、和食の先生に教えられて出掛けた駅前の居酒屋に、腕の立つ主人がいるのだと聞いて出掛けたら、混んだ店の厨房で里芋の八方剥きを見事な素早さでこなすのを見たことがある。これがプロの腕前だと感心しました。

調理の一つ一つが時間との闘いなのに、蕎麦屋の亭主はのんびりと小一時間もかけて、楽しく筑前煮を仕込んでいる。蓮根の皮を剥いて酢水で茹でたり、ゴボウをタワシで洗って切り分けたら水に浸したり、手間のかかる行程が幾つもあるから大変。鶏肉を刻んで片栗粉をまぶし油で炒めたら、次に根菜類を炒めて出し汁で煮込んでいく所まで来るとほっと一息。灰汁を取って味つけをしたら、20分も煮込んで揚げた鶏肉を入れて5分ほど煮る。

午前中にはプールに出掛ける予定だったから、11時には片付けに入り、車で駅前のスポーツクラブに向かうのです。女将と昼を食べるのは今日は12時の約束。幼児スイムの終わる時間にちょうどプールサイドについたから、センターコースだけは人がいなかったのが幸いで、準備運動を済ませていきなり個人メドレー。ゆっくりとバタフライから泳ぎ始めることが出来たのです。身体が水に乗る感覚が嬉しくて、静かに400mを泳ぎ終えました。

家に着いたのは12時5分過ぎ。予報とは違って晴れ間が続いたので、車外温度は24度を超えていました。女将も暑いと言うものだから湯麺の予定を変更して、亭主が買い置きしてあるインスタントの焼きそばと残り物の野菜と肉とで、簡単な昼飯を作るのでした。例によって昼食後はひと眠り。夕刻には業者が食材を持って来るから、時間を見計らって蕎麦屋に出掛けて、天麩羅の具材を切り分けたり、明日の小鉢のお新香を漬けたりしていた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 運動・健康. Bookmark the permalink.