昼からは雨も上がって…

雨の降り続く朝が続いています。pekoの散歩にも出てやれないのが可哀想だけれど、家中のドアを開け放っているから、女将と亭主とが動く度について回って寝る場所を探している様子。本来が人懐っこい犬種だから、老犬になってそれが一層目に付くのです。居間で膝に乗っていた彼女を椅子から降ろして、亭主が蕎麦屋に出掛けようとすれば、今度は女将のいる稽古場に向かって歩き出す。雨に打たれたカッシアの中程に朝顔が咲いていた。

蕎麦屋の金木犀の花も長い秋雨に打たれて随分と散っていました。北風が少し強く吹いているから、道路側の窓に雨が吹き付けるのです。今朝はまず夕べ干し椎茸と昆布を浸けておいた1.5㍑の鍋を沸かして、一番出汁と二番出汁を取る。涼しい日が続くから、暖かい蕎麦の汁が足りなくなったのです。蕎麦好きの常連さんは、せいろ蕎麦か天せいろだけれど、鴨せいろ、鴨南蛮、暖かいぶっかけ蕎麦が随分と出ているから、季節なのでしょう。

一番出汁に返しを合わせて作る蕎麦汁は、足りなくなった分を蕎麦と作りに詰めておきます。6年目になる素焼きの蕎麦徳利は、不注意で床に落としたり、洗っていてぽろっと口が割れたりと、そろそろ買い足さなければなりません。一つ4,000円も出して焼いてもらった物だから、この時期なかなか直ぐには注文できない。まだ押し入れの中に予備があるかも知れないので、調べてみてから少しずつ増やしていくしかない。6年目の受難です。

蕎麦打ち室に入れば、室温は21℃、湿度は78%と、暖かい朝なのでしたが、いつもと同じ38%の加水で捏ね始めたら、やはり少し硬いのです。10ccほど水を足してなんとかでっち上げるのでしたが、この理由が分からないからまた悩む亭主。蕎麦粉がそのように反応しているのだから、考えても仕方のないことなのですけれど。蕎麦玉をビニール袋で包んで厨房に戻れば、次の仕事は、夕べ漬けた糠漬けを取り出して小鉢に盛り付けるのです。

茄子も好い色に仕上がって胡瓜もなかなか好い味なのでした。糠味噌も毎日のように大事にかき混ぜてやると、好い仕事をしてくれる。夏の野菜もそろそろ終わりなので、次は何を浸けたら好いのだろうか。もう少し折角の糠味噌を有効利用したくなってくるのです。5 鉢盛り付けて、昨日のお新香が一鉢だけ残っていたから、天せいろやセット物の小鉢としては十分だろうと思っていたら、今日はお客が入ったからすべて出尽くしたのでした。

筑前煮の小鉢も八つ用意してあったので、なんとか凌いだというところです。蕎麦打ち室に戻って今朝の蕎麦を伸し始めたら、やはりまだ少し硬めで、畳んで包丁切りをするにはちょうど好い。昨日の蕎麦と合わせ14食を用意して厨房に戻るのでした。外は雨も上がって道路も乾いてきていたから、お客の出足が遅い日曜日にはちょうど良かったのかも知れない。昼までは客もなく、不安な時間を女将と過ごすのでしたが案ずるより産むが易し。

天せいろ、カレー蕎麦から鴨せいろとヘルシーランチセットやろろ蕎麦まで、結構、いろいろなメニューの注文が入って、厨房は嬉し楽しの大忙しなのでした。休日だからか、ご家族でいらっしゃるリピーターさんが多く、コロナ以前の賑わいを思い出させるのです。コロナの時期は週末は二日続けてはお客が多くはないと、女将と話していたのですが、それでもまずまずの客の入り。皆さん見た顔のお客だから、客層が広がっていると感じる。

親御さんと一緒にいらっした娘さんは、ヘルシーランチセットの天せいろを頼まれて。デザートまで食べたら「全部美味しかったです」と笑顔で亭主に礼を言う。お母様も、デサートの抹茶きな粉大福を食べながら、「美味しい、美味しい」とおっしゃるのです。片付けを始めた閉店間際に、最近よくいらっしゃるご夫婦が見えて、天せいろと天丼セットをご注文。結局、蕎麦が売れたから、夜の営業には追い打ちをかけなければならなかった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.