雲間から暖かな陽射しが…

ひんやりとしていたけれど、陽射しの暖かな朝でした。peko の散歩に出ればまた歩きたくないと言うので、家の前の坂の途中まで抱いて降りていったら、今度は自分からずんずん進み出して、2ブロックを歩いて弟の家の方に向かおうとする。さすがに疲れてしまうだろうと、家の前の通りまでリードを引いて戻ったのは好いが、今度は公園の方に向かって歩き出す。歳を取って方向感覚を失っているのだろうか。やっと家の門にたどり着く。

女将に話をすれば、「最近、自分がどこにいるのか判らないみたいなのよ」と同じようなことを言う。やはり、目が相当に悪くなったのだろうか。朝食の前にコンビニまで車を走らせて煙草を買いに行く。雲は多いけれど青空が覗いて、晴れた朝ではあるのでしょう。家の垣根の白い木槿がやっと咲き始めました。今朝もいつもの時間には蕎麦屋に着いて、昨日の洗い物を片付けたら、お袋様に電話をして、一緒に仕入れに出掛けるのでした。

農産物直売所では、地元で出初めたブロッコリーがとても立派なので籠に入れる。市内で採れるというレンコンも綺麗に洗ってあるのに、とても安いからお袋様と二人で買っておくのでした。最近は、地元のキャベツも巻きの好い柔らかい物が出ているので、スーパーよりは値段が好いけれどこちらで仕入れている。それから隣町のスーパーに出掛けて、今日は買い物リストに印刷したすべての食材が揃った。蕎麦屋に戻って冷蔵庫に収納する。

買って来た食材で、早速、仕込みを始めたいのは山々なのですが、今日は市内の保健所に出掛けて、食品営業許可の継続申請をしなければなりません。今月いっぱいが期限なのだけれど、気になることは早めに済ませてしまわないとと、店に掲示してある許可証の現物を持って、家に夕べダウンロードして記入捺印を済ませた申請書を取りに寄ったら、そのまま車で30分ほどかけて保健所に着く。沢山の女性職員がマスク姿で働いていました。

マスク越しに話をするものだから、最近すこし耳の遠くなった気のする亭主には、聞き取りにくく何度も聞き返して手続きを済ませる。持って行った現在の営業許可証に「申請済み」という赤いスタンプを押して、「12月には新しい許可証が出来ますから、印鑑を持っていらっしてください」と言われたのです。それで一万一千円とは結構な値段なのです。先週の売り上げで、蕎麦粉と今日の仕入れと許可証の申請代金を支払えたから好かった。

売り上げを銀行に預金する分は残らないけれど、辛うじてやりくりをしているのが、このコロナの時期なのです。久しぶりに長い時間を車で走って、遠出をした気分でした。見渡せば何処までも続く田んぼの中の一本道。朝と同じように青空が雲間から覗いて、暖かい陽の光が差しているのです。普段は仕入れとプールに行くだけ運転だから、市内がこんなに広いのを新鮮な思いで知った。隣町の団地街を抜けてやっと蕎麦屋に辿り着きました。

女将がスポーツクラブから帰る1 時までにはまだ 1 時間以上あったけれど、筑前煮を作るには少し時間が足りない。昨日、予備にと仕込んでおいた蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて、新しく出汁を取る準備をして家に戻るのでした。昼食には天麩羅の残りをグリルで焼いて、蕎麦を茹でるだけだから楽ちん。パソコンのスイッチを入れて少し横になって休憩です。蕎麦屋の草取りも気にはなっているのだけれど、根を詰めて働くと疲れるので後回し。

考えたら、何もしない休日というものが、若いときから現在までにあったのだろうか。南の島にダイビングに出掛けた時ぐらいが、本当にのんびりしていた時間なのです。食後の昼寝をして、夕食まではまた蕎麦屋に出掛けて、出汁取りと蕎麦汁の仕込みをするのでした。煮物も作る時間がなかったから明日はまた忙しくなる。プールにも行きたいし、朝早く目が覚めたら草取りに蕎麦屋へ、などと思いながら寝酒を飲んでテレビで映画を観る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, . Bookmark the permalink.