金木犀の甘い香りが…

最近は、歳を取った peko がやたらと一緒に寝たがるので、妙なヒューマニズムに動かされて、亭主も敢えて拒まないことにしている。だから彼女の目覚める 4 時過ぎに亭主もう起こされて、早い時間の散歩に出るのです。そう言えば、高校時代に廊下に同級生を立たせたまま、授業を始めた国語の先生に向かって、「彼等を教室に入れてください」と言ったら、「○○のヒューマニズムに免じて入れて上げよう」と言われたのを覚えている。

今朝はいつになく暗く雲が垂れ込め、小雨の降る中を蕎麦屋に出掛けた亭主なのでした。店の見える20mほど手前から、西風に乗って香しい金木犀の心地よい香りが漂う。朝の仕事の幟を立てて、チェーンポールをおろして見れば、びっしりと花が満開に咲いているではありませんか。今日は昨日の蕎麦が生舟にそのまま残っていたら、蕎麦を打たないと決めていたので、昨日の晩に準備した出汁取りを、朝から始めることにしたのでした。

いつも3㍑か5㍑の鍋で出汁を取っているから、必要なのは温かい汁を作るのに必要な二番出汁だけなのに、一番出汁を使う蕎麦汁を作る必要はないと思ったのです。思案の結果、もっと頭を柔らかくして少しだけ作ればいいではないかと、小さな鍋で少しだけ作ることにしたのです。作業工程の時間も短くて済むし、何事も融通を利かせなければいけないと思う瞬間なのでした。涼しすぎる朝だから、お客が来れば暖かい蕎麦の注文が入る。

新型コロナの影響を受ける日々は、今まで通りに仕込みをしていたら赤字が膨らむばかりで、さすがの亭主も、ジリジリと銀行の残高がマイナスになっていくのを気にしている。家賃を払うような店ならば、とっくのとうに閉店しているのでしょう。趣味の蕎麦打ちには多少金がかかるのも仕方がないと、始めてしまった蕎麦屋は数年で締めるわけにもいかないからと、今出来る限りの工夫を考えているのです。今日の野菜サラダも二皿の用意。

9 時前に蕎麦粉と打ち粉が届いて、一週間以内での支払いが 2 万円足らず。値段の高い 7月から売り出した春の新蕎麦を、秋の新蕎麦が出るまで使おうと考えているからです。その日その日の売り上げで、こうした食材の支払いをしなければならないから、まさにコロナ以後は毎週が火の車。美味しいと言って食べに来て下さるお客様たちは、本当に有り難い存在です。今日も最近の常連さんがいらっして、天せいろの大盛りとビールのご注文。

明けは放った窓からは、金木犀の香りが店の中まで漂ってくる。今日のBGMには昔懐かしいP.P.M.のCDの曲を流していました。駐車場に車が入って、見れば隣町の県会議員さん。しばらくいらっしていなかったけれど、思い出したように来て下さったか。天せいろに辛味大根のご注文だったから、「辛くないですか」と聞けば、「大丈夫、あればいつも頼みますよ」とおっしゃる。蕎麦好きのお客の嗜好はそれぞれですが、嬉しいひととき。

今日のお客は少なかったけれど、今週は少しお客が戻ったという感じ。コロナ以前に比べたら、6 割程度ですがなんとかまだやっていけそう。閉店時間を過ぎて女将が残り物を取りに来てくれたけれど、いつもより持ち帰る物が少ないのが救いです。早めに片付けを済ませて、スタッフと店を出たのが 2 時半でした。家の垣根の木槿は赤い花の木が満開になって、書斎から眺めると奥のカッシアと白い木槿が咲き始めてとても綺麗なのでした。

蕎麦粉の支払いに郵便局まで出掛けて、家に戻ったら書斎に入ってパソコンに今日のデータを入力する。机に向かって椅子に座っていると、知らず知らず眠くなるから、ひと眠りして、夕食に今日残った蕎麦を食べる亭主。7時になったら夜のプールに出掛けて、ゆっくりとリフレッシュするのです。明日は仕入れが終わったら、保健所に出掛けて食品営業許可の更新申請をしなければならない。これも万単位の費用がかかるから大変なのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 運動・健康. Bookmark the permalink.