薄曇りの定休日は…

薄い雲の隙間から青空が覗く朝でした。満開の紫色の木槿は勢いが止まらない。その隣の赤い木槿もどんどん咲き始めた。夏の花の時期を思い出すと、最後が左側の白い木槿。枝の先端に蕾がびっしりと付いているから、暖かいと言う週末の陽気で咲き始めるのではないだろうか。黄色い元気なカッシアと合わせて、前の通りを歩く人々が見上げるからちょっと誇らしいのです。pekoの散歩は家の前をウロウロとするだけで歩きたくないらしい。

いつもの時間に家を出て、お袋様を連れて農産物直売所に出掛ければ、ちょうど蕎麦屋の常連さんでもある農家のご主人が、稲刈りも終わったらしく野菜を運んでいました。挨拶をすれば採れたての茄子をどんどん並べていくから、こちらも次々と買い物籠に入れていく。今日は値の張るトマトを二袋も買ってしまった。四個入りだから一袋では足らないのです。スーパーのミニトマトの方が安上がりだけれど、新鮮さでは敵わないから好いか。

お袋様がオクラを買っていたから、「オクラはもう終わりだよね」と店の親父様に言えば、「少しだけおいてあったけど」と言うので諦めた。帰りにその話を耳にした農家のご主人が、亭主の車のボンネットにオクラを一袋置いてくれたらしく、車で別れ際に手を上げてお礼を言う。それから隣町のスーパーに足を伸ばして、今日も新鮮な食材を揃えることが出来たのです。店に戻って野菜を冷蔵庫に収納したら、今日は床屋へ出掛ける日。

先客がいたけれど、「ちょっと待っててね」と終盤の様子。「今年は石垣島へは潜りに行かないの?」と尋ねられたから、「コロナもあるけれど、店の収入が激減しているから」と言えば、「それはうちも同じだ」とコロナの話になるのでした。コロナの時期は若いお客が多くて、お年寄りが少なくなったと言うことで意見が一致したのです。いつもながら元気な親父様に励まされ、帰り道に市の食品衛生協会の会費納入と検便申し込みをする。

食品衛生管理のノートが使い終わったので「新しいのはないのですか」と尋ねてみると、去年講習会で話が出た新しい管理ファィルが出来たからと手渡されるのでした。これは県の衛生指導課で作っているらしく、HACCP の考え方を取り入れた手引き書にもなっている。お客に提供する食品の保存から調理の過程まで、それぞれの店に合わせてマニュアル化されていて使い易そうです。家に帰って女将に見せたら「今までのより判りやすい」

昼は昨日打って残った蕎麦を茹でて、やはり残りを揚げて帰った天麩羅をグリルで焼いて女将と二人で天せいろを食べる。体の好い廃棄なのですが、これは少し贅沢な昼飯です。どんな食材も最後まで食べるというのが、女将と亭主の無言の合い言葉。無駄は出せないのが店の実情なのです。pekoの洋服を見たいからと、珍しく女将が西の町のホームセンターに付いて来た。台所の消毒剤や洗剤は手に入ったけれど、他の品物は買えなかった。

食後の昼寝も出来ないから、定休日なのにどうしてこんなに忙しいのだろうと思いながら家に戻れば、現役時代の友人から暑中見舞いの返事が今ごろ届いていた。やはり、忙しい毎日を送っている様子。もっと忙しかったはずの現役時代には、釣りやダイビングに出掛ける余裕があったのに。「また会ってゆっくり飲みたいね」と言う彼の最後の言葉に、歳を取ってもそれだけは変わらないとホッとする。二階からギターを持って来たけれど…。

夜までは持たないからと、今日の仕入れと写真のデータをパソコンに入力したら、夕刻までひと眠り。せめてカレーと筑前煮でも作っておこうと蕎麦屋に出掛けたけれど、出汁を取っていないので干し椎茸がないから筑前煮は明日回し。出汁取りの準備だけして、カレーの具材を刻んで煮込んだら、鍋のまま冷蔵庫に入れて家に戻る。前回作ったカレーが一袋分残っていたので家に持ち帰り、夕食には久しぶりに女将とカレーを食べるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, . Bookmark the permalink.