天気晴朗なれど…またお客はなし…

日曜の夜はどうもあと一日だからとつい夜更かしをする。サーバーの閉鎖で蕎麦屋のホームページに間借りをする事になった「半魚人潜水倶楽部」のブログを書き込んでおこうと、あちらのブログを開設した12年前の写真を探していたら、いろいろと懐かしい写真が出てきてあれこれと眺めていたのです。朝のpekoの散歩には女将が行ってくれて、亭主は朝ドラが始まる時間にやっと起き出して朝食に蕎麦を食べる。湿気のある朝なのか、pekoもぐったりとしている。

夏を思い出させるこんな朝は玄関前のハイビスカスが元気がいい。季節外れなのにまだまだ蕾があるから咲き続けそうなのです。門までの階段に置きっぱなしになっている君子蘭の鉢にこぼれた朝顔の種も、今頃になって花を咲かせている。浅い眠りのひとときに、今朝は死んだ親爺様の夢を見ました。どういうわけか、歳を取った今の息子も現れて、亭主と三人で何か話し込んでいるから不思議。生きていればまだ80代半ばの老人だから現実味があるのでした。

幼稚園に子どもと一緒に歩いて来る母子に「お早うございます。行ってらっしゃい」と声を掛けながら、今朝も蕎麦屋へ出勤の亭主。玄関脇のカッシア(アンデスの乙女)が、黄色い花をたわわに咲かせて、やはり季節は移り変わっているのだと現実に引き戻される思いなのでした。まったく自分も、蕎麦屋の仕事でもなければ、早く呆けてしまうタイプの人間なのかも知れないと、今朝は遅かったのでコーヒーも飲まずに蕎麦打ち室に入る。新蕎麦750g8人前の準備。

光の加減かいつもより蕎麦粉が綠色をしているような気がして、水回しを丹念にしていたら、いつもと同じ加水なのに随分としっとりと練り上がる。こんな日は特別に上手く蕎麦が打てるのです。本伸しを終えたら生地は80cm強×90cm強の広がりで、少し広げすぎたかなという薄さ。八つに折りたたむと奥行きがあるから、今朝は切りべら21本程かと思ったのですが、薄い分だけ重量はなく、打ち粉の分量を含めても23本で135g程度なのでした。優に8人分が取れる…。

こんなに上手く蕎麦が打てたというのに、今日はお客が一人も来なかった。去年あたりは、毎日のように1kg11~12人分の蕎麦を二回打っても、売り切れの日が多かったのに、まだまだお客は定着していないのでしょう。隣近所の新築工事の関係者が何人か店の様子を伺いに来たけれど、手打ちの蕎麦は思ったよりも値段が高いと思うのか、そのまま帰って行くばかり。手持ちぶさたなスタッフは店中の掃除を始めて、奥の座敷まで掃除機を掛けてくれるのでした。

明日は定休日だから亭主は仕込む食材もなく、土日用に準備した食材を使ってお持ち帰り用の調理を始める。ナスの揚げ浸しを幾つも出汁に浸けて、隠元の千切りを添えて一品完成。厚揚げを切ってグリルで焼いたら、仕込んであった田楽用の味噌を乗せ、もう一度火で炙る。香ばしい匂いが厨房に広がる。これは酒の肴にも持って来いなのだけれどなあ。まあ、いつかはそんな日も来るんじゃないかと能天気な亭主の調理は閉店時刻まで延々と続くのでした。

天麩羅の具材も四人分は切ってあったから、かき揚げの野菜や解凍してある分の海老も使ってひたすら揚げる練習。鍋に入れた油は定休日前までに使い切ることにしているので、あまり汚れていないけれど、とにかく次々と揚げる。もう、今夜の夕食のおかずには十分なくらいの量と種類。漬け物、小鉢、蕎麦豆腐、日替わりのデザートと冷蔵庫に用意した品はすべて定休日前には持ち帰る。マンゴーゼリーもなかなか好い味だったけれど自分たちで食べる…。

いつもより早く家に戻れば女将が玄関口まで今日の荷物を受け取りに出る。亭主の早い帰りはお客が少ない日と知っているのです。このところ、一日四食蕎麦を食べ続ける亭主を哀れに思ったか、「お店じゃなくって、みんなに食べにおいでっていう場所でもいいんじゃない」と笑いながら冗談を言う。蕎麦打ちが好きで毎日打たないと気が済まない亭主の道楽を、嬉しそうに見ていてくれるから、こちらも気が楽なのです。蕎麦は確かに上手く打てるようになった…。

今日も遅い午後の賄い飯にスタッフとぶっかけ蕎麦を食べたのですが、小さなかき揚げと具材の余りそうなナスの天麩羅とおろしを載せただけで、蕎麦は随分と美味しくなる。これを何とか新メニューで出したいと思うのだけれど、結果的にかなりディスカウントすることになってしまうから、迷っているのです。そろそろ冷やしたぬきも終わりにする季節。冬のメニューに切り替わる前に、ちょっと安くて美味しい一品があっても好いか。すぐに食べ終わってしまうのが難点。

 

This entry was posted in 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.