台風の余波で…

涼しすぎて目が覚めた雨の朝でした。台風の進路がそれたのは好かったけれど、風は強くて雨も時折強くなるのです。いつもの時間に蕎麦屋に出掛けて、蕎麦打ち前に米を研ぎ、糠床からお新香を取り出して小鉢に盛り付ける。ついでに薬味の葱切りも済ませて、蕎麦打ち室に入りました。室温22℃とは今までにない涼しさなので、湿度が72%でもちょっと加水率の決定に迷うのです。果たして、今朝は41%の加水で蕎麦粉を捏ね始めました。

今日はお客も来ないだろうと思いながら、750g、8 食分の蕎麦を一回だけ打って終わり。一日 15 食限定と看板にも出して、週末には更に数を増やして打っていたのですが、今では例年の半分の量だから、当然、売り上げも半分になる計算。こういう時期には、蕎麦打ちの質を高めるチャンスだろうと、毎日、時間をかけて打ち方の工夫をしてみるのです。現在の課題は、何と言っても均等な生地の厚味の伸し方ですが、あることに気が付いた。

名人の打つビデオなどを見ると、伸し棒を斜めに転がして、生地を均等な厚味にしている場面によく出会うのです。ところが、亭の狭い蕎麦打ち室は、打ち台の三方が窓と壁に囲まれているから、90cm の伸し棒では斜めに転がすのにも限界があるのです。これは建築の際には予期しなかったことで、もっと自由に伸しが出来ないかと考えていたのです。かっぱ橋の蕎麦道具専門店のサイトを見ていたら、思わぬヒントが頭に浮かんだのでした。

60cm、75cmの伸し棒があるではありませんか。値段は高いけれど、専用の伸し棒があれば、小回りが利いてもっと楽に伸せるのではないか。今朝の蕎麦打ちには間に合わなかったけれど、昼前に注文した伸し棒が届けられたのです。明日の蕎麦打ちがが楽しみ。お客も少ないだろうと、お新香以外の小鉢は二鉢ずつ用意して、それぞれにインゲンを茹でて綠を添えてみました。鶏肉や烏賊などのタンパク質も少々加えて、サービスは満点です。

先日、お隣の奥さんが大きな梨を持って来てくれたから、抹茶きな粉大福でもお礼に差し上げようかと、デザートだけは四つ包んでおくのでした。確か上の女の子も甘い物が好きだと言っていたから、どうせお客には出そうにないので、家族の人数分作ったのでした。若いご家族だから、煮物やお新香は敬遠されそうだし、結果的には、サラダも出なかったので、お盆に載せてスタッフに玄関口まで運んでもらうのでした。後はすっきりです。

昼を過ぎてもお客はなく、今月はお客がゼロの日はないけれど、少しずつ心配になってくる。スタッフは奥の座敷で品物の届いた段ボール箱を潰したり、洗濯物を畳んだりと仕事を捜して動いてくれるから助かります。亭主はカウンターの隅に座って店番をしている。打った蕎麦の数が少ないから、昼時の時間帯が終わるまでは、自分たちの賄い蕎麦も食べられないのです。1 時前になって、意を決して、亭主がかき揚げを揚げ始めるのでした。

スタッフと二人で賄い蕎麦を食べ終わったちょうどその時、駐車場に車が入ってきたのです。奥のテーブルに座ったご夫婦が頼まれたのは、たった今、自分たちが食べたばかりのぶっかけ蕎麦の温かいやつ。待っていましたとばかり、季節の野菜には蓮根の天麩羅を添えて、今日の涼しさを見込んで多めに用意した温かい汁を温め、蕎麦は硬めに茹でてお出しするのです。ご主人の方も、一口食べたら『うん』と頷いて汁まで綺麗に召し上がる。

雨の小降りなうちにスタッフと店を出て、家に戻ればモミジアオイが綺麗に咲いていました。葉はしっかりとモミジの形だけれど、やはり、交雑したのか花の色はアオイのピンクが混じっている。女将の記憶通り、本来は真紅の花なのです。pekoの着る物を先日のネズミ騒動で捨ててしまったと言うので、昼寝もせずに、女将とペットショップに出掛けて買ってくる。相撲が終わって夕食を食べたので、今日は遅い時間にプールに出掛けました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.