台風の影響か…

暑かった今年の夏の疲れが出て来ているのか、昨日今日と身体がだるいのです。今朝もなかなか起き上がれずに、朝ドラを見ながら女将と遅い朝食を取る亭主。いつもなら、定休日も二日目には体力が回復してくるのですが、今日は庭の花を眺めても気分がよくならないから不思議です。金柑も大きな青い実を沢山付けながら、また花が咲いているから、今年の陽気はどこか変だと思える。今朝の朝顔はやっと本来の色合いを取り戻していた。

涼しい朝だからか、カッシアも妙に元気に見える。もともと秋口に涼しくなってから花を付ける木だったのだろうか、もう去年のことは覚えていないから幸せなものです。覚えているのは、去年の9月はお客が多くて黒字月だったことぐらい。今年はまだあと一週間残っているとは言え、去年の半分くらいの売れ上げしかないから、やはり新型コロナの影響は大きいと言えるのです。珍しく9時過ぎに家を出て、蕎麦屋に向かう亭主なのでした。

蕎麦屋に着いても、朝明の段取りを考えていなかったから、まずは、先日、届いたばかりのコーヒーを入れて、厨房の椅子に座って何をしようかと考える。今日の曇り空は近づいてくる台風の影響なのか、いつもならデザートの水羊羹を仕込んでおくところだけれど、明日は雨だと言うから、抹茶きな粉大福にしようと、取りあえず蕎麦豆腐だけ仕込んでおこうと用意をする。開店前に大福を作るのも手間がかかるけれど天気に合わせなければ。

午前中のメインは筑前煮を作ることだったから、まずは蓮根の皮をスライサーで剥いて、輪切りにしたら酢水に浸けておきます。地元のオクラも終わりらしいから、天麩羅に添える季節の野菜は蓮根にしようと、少し多めに切っておく。ニンジンもスラスサーで皮を剥いて乱切りにする。戻した干し椎茸、蒟蒻を切ったら、いよいよまな板の汚れるゴボウと里芋の処理。県内産の里芋を買ったのに、幾つか中まで赤く傷んでいたのが残念です。

まな板を生もの用に取り替え、鶏肉を切って片栗粉をまぶす。中華鍋が十分温まったところで油を敷いて、焦げ色が付くまで鶏肉を炒めます。鶏肉を取り出したら、次に刻んだ根菜類をすべて入れて炒める。鍋を振るにもかなり熱くなっているから、乾いた布巾で包んで野菜を混ぜるのです。具材の大きさが鍋振りにちょうど好いので楽しい。3㍑の鍋に出し汁を入れて根菜を煮ること20分。味つけをして灰汁を取ったら鶏肉を入れて煮込む。

洗い物を片付ければ 11 時を過ぎていたから、車を走らせてプールに出掛けるのでした。少し運動をすればだるい体調もよくなるのではないかと期待して、プールサイドに出れば、今日は幼児スイムの人数も少ないらしく、コースも空いていました。50mを続けて泳ぐセンターコースで年配の女性と二人、ゆっくりとアップをして泳ぎ始めるのです。25mでクイックターンをしようとすれば、小母様は一休みなので思わずタッチターン。

女将がスポーツクラブから戻る時間が迫っていたから、急いで家に戻れば、通りに面した紫色の木槿の花が、昨日にも増してびっしりと咲いているのでした。女将がいつもより早く帰っているので不思議に思ったら、新型コロナの影響で人数制限されて、彼女の前の人までしかスタジオに入れなかったらしい。スマホの予約アプリで申し込む人には敵わないと二人で大笑いなのでした。昼は残り物の野菜を総動員して、亭主がカレー炒飯を作る。

満腹になった午後は、例によってひと眠りしたのだけれど、目覚めてもなかなか起き上がれないから、珈琲を一杯飲んで夕刻に再び蕎麦屋に出掛ける。天麩羅の具材を切り分けたら、明日の糠漬けを浸けるだけだから、5 時過ぎには家に帰って夕食なのでした。珍しく大相撲を最後まで観て、ブログを書きに書斎に入る。テレビも今夜は何も面白そうなものがないので、秋の夜長をどうやって過ごそうかと思う亭主なのでした。明日は雨らしい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, , 運動・健康. Bookmark the permalink.