霧のち雨の空模様…

朝早くから女将が都内に出掛けるというので、寝ぼけ眼をこすりながら早めにpekoの散歩に出たのです。辺り一面に霧がかかって駅前の高層マンション群も巨大ショッピングモールも全く見えなかったけれど、上の空は青空が覗いて東の森の向こうには太陽も昇っているのがわかるのでした。こんな日は普通天気がよくなるものなのですが、今日はちょっと違ったのです。いつもより1時間早い朝食を終えて、車で駅まで女将を送ったらBSで朝ドラを見て蕎麦屋へ。

今朝は注文しておいた蕎麦粉が届くから8時前には店にいるようにしたのですが、一向に配達が来ない。店の前に宅急便の車が止まったのに、また何処かへ行ってしまった。仕方がないから片付け物を終えて米を研ぎ炊飯器にかける。コーヒーが沸くまで、大釜に水を汲んだり、庭の葱やピーマン・オクラを採ったり、洗濯物を干したりしながら、荷物の来るのを待っていたのです。今日は新蕎麦750g8人分を打つと決めていたので、30分もあれば打ち上がる計算。

昨日打った秋蕎麦がいい状態で生舟に6人分残っているし、雨も降りだしたから、昼の営業でまさかそれだけのお客が来るとは思えなかったのです。夜の分が足りなければ追い打ちを掛けるつもりで、まずは採って来た葱を、今日は和包丁で切ってみたのです。思いの外切れ味がいいのでスムーズに切れたのですが、やはり家庭用の薄刃包丁は刃渡りが短い上に軽すぎて勝手が違う。サラダの野菜切りはどうなのだろうかと、蕎麦打ちの後で試したのですが…。

やはり、包丁は使い分けた方が切りやすいと思いました。キャベツの千切りは和包丁でも十分細く切れるのですが、紫玉葱のスライスはさすがに薄刃の方が分がいい。パプリカの薄切りは和包丁、ニンジンのジュリエンヌは薄く削ぐところは薄刃の方が切りやすい。だから、結局、両方のよさを兼ね備えた洋包丁で、今まで切っていたのは正解なのでした。やはり、ステンレス製のいいものを一本購入すべきか。いや、薄刃をもう一度研ぎ直してからでも遅くないか…。

新蕎麦だけれど、昨日、秋蕎麦で42%加水したから、この間頃よりは少し多めに40%の加水でこね始めたのでした。案の定、しっとりと手になじむ感触で、両手のひらで丸く平らにする地伸しも正円を崩すことなく、綺麗に均等の厚さに出来たのです。こうなるともう、伸し棒で丸出しをするのに失敗は許されない。左、前、右と伸したら左回しに生地を回して、また、左、前、右と伸していく。正円の地伸しがうまくいっていると、この作業もすんなりと終えられるのですね。

あとは昨日と同じで、始めよければで、丸出し、四つ出しも順調に進むから、あまり失敗をするという気がしません。途中で蕎麦粉やおしぼりの大箱が届いたから、ちょっと緊張が途切れたけれど、そんなことでは、今の亭主は蕎麦切りの調子を崩したりしない。少し奥行きを長く伸したので、一息に22本切って130g強になる。このくらい太さが揃って毎日打てれば、いよいよ「手打ち蕎麦」の幟を立てても恥ずかしくないかな。幟の注文が待ち遠しくて楽しみなのです。

それにしても、昨日とは打って変わってお客は少ない土曜日で、隣の町から「美味しい蕎麦屋がある」と人に聞いて来たとおっしゃるお母様と、帰省して実家にもどったという大きな息子さんがご来店だったのが印象的でした。ヘルシーランチセットや親子丼セット、天麩羅と若いだけあって食欲も旺盛で嬉しい限り。霊犀亭の由来を書いた原田先生の書を写真に撮って、「美味しかったわ」とお帰りになったので、お客のないのも忘れてスタッフ共々明るい気分でした。

蕎麦粉の代金を払い込みに出掛けて、夕刻まで昼寝もせずに暇だから沢山撮ったブログの写真を整理していた亭主。女将がいないと、寝込んで起きられないなどということがありそうで怖かったのです。早めに再び蕎麦屋へ出掛けて、片付け、昼の洗濯干し、明日の小鉢の仕込みをしたら、暇になったのでパソコンを取り出してブログの続きを書いている。あと、30分、お客がなければ、今夜はこれで閉店です。やはり今日の雨に祟られたかな。明日の日曜日は…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.