蒸した曇り空で…

夕べは汗だくで防犯パトロールから戻って、ズボンまで汗で濡れていたからそのまま脱いで洗濯籠に入れてしまったのです。夜中に携帯電話が見当たらないからと、もしかしてズボンのポケットに入れたままなのではと、洗面所に行けば女将がもう洗濯を終わらせていた。脱水が済んだ洗濯機の中で無残な姿を発見したのです。果たして、真っ赤なランプが灯って、防水だから中までは濡れていないようだけれど、乾かして使えるものかどうか。

今朝も涼しい朝でした。背の高さまで切り戻したはずの木槿が、空に向かって沢山の花を咲かせている。空色のヘブンリーブルーも黄色いカッシアの花も今朝はとても綺麗なのでした。今朝は分解した携帯電話を書斎の机の上に置いたまま、蕎麦屋に出掛ける亭主。そもそも昔と違って隠居の今は、女将やお袋様との電話やたまのメールしか使わないから、コロナで移動することも人と会うこともなくなって、なければないで済みそうな感じ。

お新香、米研ぎ、葱切り、インゲン、わかめと、昨日の晩から今朝の段取りを呪文のように唱えていた亭主でしたが、夕べ 4 時半に糠床に漬け込んだ茄子と胡瓜とオクラは、早く出してやらないと塩辛くなるのです。真夏の暑い時期なら、少々塩が効いていても好いのでしょうが、厨房も25℃の季節になると宜しくない。米研ぎまで終わらせて炊飯器にかけたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦を打ち始めるのでした。湿度は70%でした。

加水率42%で捏ね始めたら、湿りのある分少し柔らかい感じ。菊練りまでこなして蕎麦玉をでっち上げたら、ビニール袋に入れて寝かせておく。捏ね鉢を洗って、再び厨房に戻って、インゲンを茹でながら隣の火口でわかめを湯通しする。インゲンは筑前煮に添える綠で、わかめは豆腐と共に今日の味噌汁の具材にするのです。ナメコも買ってあるのだけれど、小鉢が足りなくなったときにぽん酢和えなどで使えるから、様子を見ておきます。

葱切りまで済ませて、蕎麦打ち室に戻り、蕎麦玉を伸していきます。蕎麦打ち台の奥行き一杯に伸し広げたら、上半分に打ち粉を振って下から上に畳んで行きます。そして、右から左に、また下から上に畳んだら縦 20cm余り、横 37cmほどの包丁切りの形にして、切り台の上に乗せます。切りべら28本で 135g の蕎麦の束を八つ取ったら、端切れは別に紙にくるんで生舟の端に置いておきます。コロナの日々の平日にはそれほどお客が来ない。

野菜サラダも最近は木曜日も二皿だけ盛り付けることにしている。蕎麦打ちも一回だけだし、サラダも二皿分の野菜を刻めば好いから、開店前の仕込みは11時前には終わってしまうのです。蓮根とかき揚げを揚げて、スタッフと二人で賄い蕎麦をぶっかけにして食べておく。蕎麦は月曜日に打った四日目の蕎麦の残りと先ほどの端切れで、一人100g ほどの分量でちょうど好い。暖簾を出したらすぐに駐車場に車が入ってきたから驚きました。

見れば、駅前の高層マンションに住む常連のご夫婦で、いつもは歩いて散歩がてらいらっしゃるのに、ここ二回ほどは奥様の運転で車で来られる。「暑いと歩くのが億劫でね」と助手席に乗っていたご主人が早速ビールのご注文でした。コロナの時期で亭の経営を親身に心配してくださるのが有り難い。続けて隣町の辛味大根のお客がいらっしゃる。最近は週に二度ほど来られるから、こちらはよほど蕎麦がお好きと見える。有り難いことです。

今日は用意した野菜サラダが二皿でたから、それで満足。筑前煮も盛り付けただけはお客が食べてくれたので、作った甲斐があるというもの。家に帰って、早速、携帯の具合を見てみたら、どうも赤く点灯したライトは電池切れの合図らしく、組み立てて充電をし終えたら、無事に復活したのでした。海でも使うからさすがは防水仕様。壊れるまで使おう。相撲を見ながら早い夕飯を食べて、夜はプールへ出掛けてひと泳ぎ。車外温度は26℃。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.