晴れたり曇ったり…

この秋一番の涼しい朝でした。長袖の上着を羽織って庭に出れば、少し色の濃い大輪のヘブンリーブルーが咲いているのです。やはりこの夏は暑すぎたから、なかなか本来の持ち味が出せなかったのかも知れません。それにしても一本の蔓から、随分と長い期間にわたって沢山の花を付け、目を楽しませてくれました。毎朝のように女将が「今日は幾つ咲いた」と亭主に知らせに来るので、今朝は「今までで一番素敵だわよ」と喜んでいました。

枝を落としすぎて枯れたのかと思っていたカッシアも、やはり涼しい秋になって黄色い花を咲かせました。蕎麦屋の玄関脇に植えたカッシアは、店の前を通るお客さんたちの眼を惹いていたのだけれど、大きな木になり過ぎたので枝を落としたら、そのまま枯れてしまったのです。アンデスの乙女と言うだけあって、どうも神経質な樹のようなのです。というより、剪定のイロハもあまりよく判っていなかった亭主の思い切りが好すぎたのかも。

定休日も二日目になると、やっと身体の調子が戻ってくる。歳を取るに従って回復するのにも時間がかかるのでしょう。昨日は一日髭も剃らなかったから、今朝になって洗面所で鏡を覗けば、やはり窶(やつ)れた顔つきをしているのでした。平素、歳を取ってからの無精髭やシャツをズボンから出して歩く老人にはなりたくないと思っている亭主だから、髭を剃ってさっぱりして、今朝も元気に蕎麦屋へ出掛けるのです。週七日の蕎麦屋通い。

まずは最初に明日のデザートの水羊羹を作っておかないと、固まって冷蔵庫に入れるまでに時間がかかるのです。豊缶に流し込んだ羊羹を両手で持って運ぶから、わずか2m 程の距離でも、固まらないとこぼれてしまう。次に蕎麦豆腐を仕込んでおきます。どちらも火に付いていなければならないので、 他の事は出来ないのです。先週は、一回で 6 人分取れる水羊羹を二回作ったけれど、後半は日曜日があったにもかかわらず一つも出なかった。

次はいよいよ今日の仕込みのメインで、小鉢の二品目として、従姉妹煮の小豆を茹でながら、隣の鍋ではカボチャを出汁で煮込んで味つけをする。弱火でじっくり煮ると煮崩れない。その後ろのレンジでは、5㍑の鍋に湯を沸かして、小松菜を茹でる準備をしておきます。そして、同時進行で明日の天麩羅の具材を切り分けていく。時計は 10 時半を回っている。仕込みを終えたら、午前中にプールへ出掛けて泳ぎたいものだから気持ちは焦る。

最近では、煮物や切り物など幾つか同時に出来るものを違う火口で扱えるようになったから、二日の定休日も半日ずつは時間が空くようになったのです。ただ、一日の仕込みは出汁を取っても2時間半ほどが限度で、疲れてしまうのでそれ以上は無理をしないようにしている。洗い物を入れても 3 時間。いかに要領よくこなすかが、疲れないポイントかも知れません。ただ、今日も業者の来る夕刻にはまた蕎麦屋へ戻り、お新香を漬けて来る。

11 時過ぎには店を出てプールに向かう。空は晴れたり曇ったりで、昼間になって湿気が出て来たのか蒸し暑かった。人間の身体も移り変わる季節の気候に順応していくらしく、真夏よりも10度も気温が低いのに、暑い暑いと汗をかくから不思議なのです。少し遅れてプールサイドに着けば、ちょうどベビースイムが終わったところで、コースは空いていました。センターコースを一人で気持ちよく泳いで、帰りに昼食の材料を買って帰宅です。

運動をしたばかりで汗をかくほどの暑さだったけれど、女将と朝から昼はラーメン・餃子と話していたから、亭主が残ったキャベツや他の野菜を肉と炒めてチャンポン麺。手作り餃子は冷凍してあるから、女将が焼き方担当。顔中に汗を流しながら美味しく頂く。食後はテレビで映画を観て、ゆっくりとしてからひと眠り。夕刻に蕎麦屋に出掛けて、蕎麦汁を徳利に詰め、お新香を漬けたら業者が到着。夜は防犯パトロールでまた汗だくになる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.