8月の最後にひんやりと秋の風…

プルメリアの花は今年もついに咲かなかった。鉢植えして何年も経つ南国の植物だから、そろそろ咲いても好い頃なのに、やはり時季というものがあるのだろうか。この樹の親の代には、毎年咲いて目を楽しませてくれたものです。今朝はこれまでになく涼しい風の吹く朝なのでした。花が小さくなった朝顔は蔓の先端に辛うじて咲いていました。普通なら9月一杯は咲き続けるはずだけれど、苗が悪いのか今年の夏の暑さが厳しすぎたのか。

朝食には昨日持ち帰った蕎麦を茹でて亭主は一人ぶっかけおろしを食べる。大根おろしがあっさりとして揚げ玉のコクが汁に溶けて、これがなかなか美味しい。蕎麦屋の亭主だから責任上、残った蕎麦がなくなるまでは、頑張って蕎麦を食べ続けなければならないのです。そして、今朝も蕎麦屋に通ってまた蕎麦を打つ。今週は金曜日にお客がなく、週末のお客が少なかったから、用意した蕎麦が随分と残ったのでした。それでも今朝も打つ。

いくら定休日前の月曜日とは言え、10食以下の蕎麦の準備で営業は始められないと考えるのです。現に、先週の月曜日は10人を超えるお客がいたわけだから、こればかりはコロナと暑さとでもう読めない状態になっているのです。だから、毎日、古い蕎麦を持ち帰っては家で食べていると言うわけ。お客の来ない日が続くと、経営的にもかなりダメージが大きいけれど、第一にこちらのやる気が失せてくるのが怖い。今日は涼しいから期待…。

野菜サラダも最近は月曜日には二皿だけと決めて野菜を刻んでいる。蕎麦も少量を打ったから、11時にはもう開店の準備は終えてしまうのです。出来ることはやっておこうという考え方だから、スタッフと昼の賄い蕎麦をぶっかけおろしにして食べておきます。今朝食べたものと全く同じで、蕎麦も古い蕎麦なのです。まだお腹が空いていないと思いながら食べるのですが、大根おろしの効果なのか、案外あっさり喉を通って胃の腑に落ち着く。

外は晴れて青空が広がっていたけれど、今日は朝から店の中も26℃と、いつもの暑さではなかったので、エアコンも少し温度を上げて随分と楽なのです。蕎麦打ち室も27℃止まりだったから、湿度が低いので汗もそれほどかかない。昼前に仕事の途中らしい男性がカウンターに座って天せいろのご注文。昼を過ぎて作業着姿の若い男性客がお二人、やはり天せいろのご注文。「冷たい蕎麦茶の方が好いですか」スタッフが気を利かせて尋ねる。

それでも今日はそれっきりお客が来る気配もなかった。開店前に防災無線で、新型コロナの感染防止と熱中症に気をつけましょうと、毎日のように放送を続けるのです。1 時になってもまた同じ放送。折角、涼しくなったというのに、これでは近所の老人たちも蕎麦を食べに来るはずもない。家を出ない日が続くと、人間、それでもいいかという気になるから、皆さん家で昼食を食べることになる。こんなに店は空いているのにと悔しい思い…。

今週の天麩羅の具材が随分と残ったから、根菜類は保存が効くけれど、茄子やピーマンは明日にでも早速揚げ浸しにして、来週の小鉢にしようと考える亭主。切り分けて残った具材は天麩羅に揚げて、スタッフと分けて家に持ち帰る。プールのある日は早めに夜飯を食べるから、また残った蕎麦を茹で、かき揚げの天麩羅を焼いておろしと山葵でぶっかけ。一日三食蕎麦を食べる蕎麦屋の亭主の根性も見上げたものだ。ということにしておこう。

雲の出て来た夕暮れ時、書斎の窓からミソハギの花が風に揺れているのを眺めて、時間になったら車を出して駅前のスポーツクラブまで出掛けるのです。高層マンション群の中央にプールはあるので、手前のタワーパーキングに車を止めて歩いて10分ほど。夕食時はプールのコースも空いているのですが、自分の泳ぎたいスピードとペースになかなか合わない。適度な速度でのんびり続けて泳ぎたいけれど、遅い人に合わせるのもやはり疲れる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.