秋風も酷暑の中を吹く…

空色の濃いルリマツリの咲くお宅の前をのんびりと peko と歩いて行く。昨日にも増して涼しい朝なのです。ところが家に帰って女将に話せば、炊事洗濯と朝から動いているから「暑い暑い」と騒いでいる。やはり起きたての亭主の身体はまだ十分に血が巡っていないと見えるのです。朝の一時間、目覚めのヨーガで身体を温めてから動き出す女将の方が、効率的ではあるのかも知れない。朝食も亭主よりもひと品くらい多く食べるから凄い。

歳を取るに従って食事の量も減る代わりに、動く量も減ってきている亭主は、秋の訪れを感じながら朝の気分を味わうのを好しとして、スローモーな動きで活動を開始するのです。昔の秋とは違って、風は涼しくても陽射しがやけに強い亜熱帯のような気候。古くからの日本の四季とは随分と様変わりしているように感じるのです。みずき通りを渡って蕎麦屋に着いたら、ひまわりとポットのモミジに水遣りをして、店の幟を立てるのが最初。

今朝は、お隣のお爺さんが道路の向かいの畑にひまわりの種を撒いたのが、随分と大きくなって花を咲かせていたから、ズームで写真に撮ったのだけれど、ミニひまわりだから見応えがない。子どもの頃には、洋花は勿論のこと、ひまわりなどと言う花はあまり見かけなかったものだが。省線の線路際に住んでいた中学の頃には、親にも内緒で自分で大きなひまわりや西瓜を線路の敷地に植えて育てたっけ。ひまわりの花は見事に咲いたけれど。

西瓜は田舎で祖母の育てる西瓜のようには食べられなかった覚えがある。今朝の呪文は糠漬け、葱切り、蕎麦打ち、デザートで、夕べから何度も繰り返し唱えていたから、早速、冷蔵庫から糠床を取り出して、お新香を切り分けて盛り付けるのでした。15 時間でちょうど好い味に仕上がっていました。厨房は29℃、蕎麦打ち室も31℃と昨日よりは幾分涼しいのです。湿度は50%だったから、加水率は40%強で蕎麦粉を捏ね始めるのでした。

日に日に変化する季節の移ろいに、昼の暑さばかりを気にする人間がついて行けない感じなのです。蕎麦粉も気候に応じてしっかりと生きているから、打ち方を変えていかないと美味い蕎麦に仕上がらない。柔らかすぎないかと心配したけれど、これが案外しっとりと伸せて、畳んでも包丁切りにも影響がない硬さで、今朝も切りべら28本で 130g の束を作っていく。蕎麦が上手く打てた日は気持ちが好いので、ますますやる気が湧いてきます。

厨房に戻って抹茶きな粉大福を包むのにも、その勢いが影響する。掌に載せる求肥の熱さにもめげずに、餡に絡めて一つずつ包んでいくのです。野菜サラダの具材を刻むのにも、幾分なまってきた包丁の先端を使ってキャベツやニンジンを細く刻んでいく。ブロッコリーの茹で時間は 2 分。1 分茹でたらアスパラを同じ鍋に入れて茹でていく。時間になったら少し硬くても笊に上げて余熱で柔らかくするのです。これで開店前の仕込みは終了。

暖簾を出したらすぐに仕事の途中らしい女性の一人客がいらっして、ヘルシーランチセットのご注文。ボリュームがあると言いながらもすべて完食で、蕎麦湯も綺麗に飲んで帰られたから嬉しいのでした。その後は 1 時過ぎまでお客がなくて、女将も亭主も暇をもてあましていましたが、分からないものでその後が駐車場は満杯になるし、大盛りはどんどん出るしで、閉店間際には続けて常連さんがやって来て、ゆっくりと話をするのでした。

昨日よりは少しは気温も低いのかも知れないけれど、日中の暑さにあまり変わりはなさそうでした。雲が少し多かったぐらいで、昨日と今日の違いが分からない。家に帰って女将がスポーツクラブに出掛けてしまったから、ひと眠りしていた亭主は土日設定の携帯の目覚ましで目を覚ます。急いで蕎麦屋に戻って大鍋の湯を沸かし、昼の洗い物の片付けをして、夜のお客を待ったけれどなかなか。昨日の蕎麦と蕎麦汁を持ち帰たらpekoの散歩。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.