朝も昼も暑すぎて…

今朝も寝汗をかいて薄明かりの 4 時に目が覚めたけれど、さすがに早すぎるのでエアコンを入れてもう一度眠ったのです。美味そうに白い米の飯を食う夢を見て再び目覚めたら、もう7 時半なのでした。女将はとっくにpekoの散歩から帰り、一人で食卓に付いている。「今日は朝から相当な暑さですよ」と、居間のエアコンで涼んでいる亭主に、お茶を運んで来てくれました。食事を済ませて洗面に立つまで、じっと椅子に座ったままの亭主。

蕎麦屋に出掛けてみれば、玄関脇のひまわりが元気で花を咲かせているものの、 葉はもう枯れて居る状態です。扉を開けて中に入れば、いつもより店の中の温度が高いので驚きました。厨房で31℃、蕎麦打ち室で34℃と、これは最近にない暑さだったから、奥の座敷を含めて全室のエアコンを全開にして、各部屋の扉を開け放って温度を下げるのでした。店は開店前に窓を少し開けるから、熱風が入って温まるのです。今日も35℃の予想です。

昨日の蕎麦が生舟に沢山残っていたけれど、10食程度では土曜日の営業には足りないから、500g だけ打ち足して、今日は16食の用意をしておきます。給料後の週末だから、夜の営業を考えるとそれでも足りないかも知れないけれど、あまり暑すぎる日には、逆にお客が来ないと言うのがデータを管理する女将の予想。加水率40%越えで、今日もしっとりとした生地を練り上げて、切りべら28~29本で細めの蕎麦を仕上げていきました。

厨房に戻って一息入れたら、野菜サラダの具材を刻み始めます。冷蔵庫の野菜室の温度が低いのか、レタスの葉が冷たくなりすぎて少し駄目になっているから参った。冷蔵庫の適切な温度管理も毎日の仕事なのです。600㍑の家庭用では一番大きな冷蔵庫だけれど、扉の表面の便利なタッチパネルはちょっと触れただけで反応して、強弱が変わっていたりする。仕入れて来た食材の管理も亭主の仕事だから、使うときになって困らぬように苦心。

今日は蕎麦打ちが少なかったから、女将が早お昼を食べに家に戻っているうちに、大根おろしや生姜のおろしまですべて亭主が済ませて、昨日プールの帰りに買って来た高級枝豆を茹でて小鉢に盛り付けておく。どこが高級かというと、豆の袋に三つずつちゃんと豆が入って、しかも大きいのです。味も好いと値段も普通の枝豆よりも100円ほど高かったから、きっとお客も喜ぶだろうとまだ来ない客の酒のつまみを用意するから御目出度い。

家から戻った女将が、「暑くて大変」と炎天下から避難するように蕎麦屋の玄関を入って来る。厨房もエアコン全開なのに、窓を開けてあるから、32℃までしか温度が下がらないのです。それでも湿度が下がるから外に比べたらひんやりと涼しい。外は35℃の暑さか。今日現在の石垣島の日中の気温よりも随分と高いのでした。去年までは、沖縄に避暑に行くのだとよく笑って話していた。それが今年はコロナの影響で行かず終いなのです。

暖簾を出してもお客の来る気配がなかったから、外に出て様子を見れば前の通りを走る車もない。いったいここは何処なのだろう、何処か他所の世界の砂漠の中なのではないかと思うほどの暑さなのです。床の拭き掃除をしていた女将も、「もう暑くて出来ないわ」と匙を投げる。これでは外に出ようと言う気にもならないのは無理もないのです。1 時を過ぎてお袋様に電話をすれば、「こんな暑さではお客もないでしょう」と見透かされる。

夕方に涼しくなったら蕎麦をもらいに行くからと言われて、残った蕎麦の始末を考える亭主。遅い昼食に昨日食べて美味しかったおろし蕎麦をぶっかけにしてまた食べる。出前にでもすれば、この美味しさを求めて頼むお客もいるのかも知れないとふと思うのでした。土曜日にお客がないと言うのも何年ぶりか。それでも夜の営業の前に出汁を取り、明日と明後日の蕎麦汁を仕込んでぬか漬けを漬けておく。一日待って早仕舞いをする晩でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.