昨日よりも更に蒸し暑い朝…

今朝も寝汗をかいて目が覚めました。気温はそれほど高くはないのに、夜の間に十分涼しくなっていないのです。散歩の時間を待っていたpekoを連れて家の前の坂道を下れば、トコトコと歩いて行くのだけれど、路上駐車をしていた軽自動車にゴツンと頭をぶつけたから、もしかして目がよく見えていないのではないかと心配をする。犬が歳を取ると元気そうに見えても、何でもない平らな道で躓いたり、いろいろなところで以前と違うのです。

人間も物忘れが酷くなったり、身体が思うように動かなくなったり、昔とは違う事が年々増えてくるけれど、朝食が美味しく食べられればもう今日が始まっている。玄関前の木槿がまだ大きな花を咲かせている。今朝の青空と白い雲に映えて、さあ今日も頑張って蕎麦屋に出掛けようと、とぼとぼと歩いてみずき通りを渡るのでした。8時過ぎの陽はとうに高く昇って、ジリジリと暑い陽射しを投げかける。朝の仕事を終えてエアコンを点ける。

朝から陽射しがあまりに強いから、最近は蕎麦屋の中に入るとひんやりと感じるのです。それでも蕎麦打ち室は 33℃とむっとする暑さなのですが、夜の間に外の湿気が入らないから少し冷たく感じるのだろうか。湿度は40%なのです。昨日の失敗を繰り返さないようにと、今日は 40 , 5%の加水率で蕎麦粉を捏ね始めたら、今朝はしっとりと柔らかめの生地で、伸し易かったのです。昨日の蕎麦は売り切れたから、今朝は二回の蕎麦を打つ。

いつの間にか季節が移ろい、もう加水が40%以下では蕎麦が打てなくなっているのだろうか。平日に二日続けて混むことは滅多にないけれど、昨日の混み具合にも対応できるように蕎麦も蕎麦汁も十分に用意しておくのでした。8月は金曜日が厄日で、お客のいない日が二日もあったから、ちょっと心配ではあるのです。野菜サラダの具材を刻み、抹茶きな粉大福を今日は四皿、開店の準備が整ったらスタッフに暖簾を出してもらうのです。

開店と同時に見慣れた顔のお客さんが大きなお孫さんといらっして、店の中に入れば「ああ涼しい」と一息つく。亭主の自宅からワンブロック先に住むご近所の常連さんなのでした。お孫さんが 5人もいらっしゃるとかで、お幸せそうなお婆さん。それでも、亭主やスタッフとそれほど歳が違わないのではないかといつも思う。コロナの影響でずっと家に居るのも大変とおっしゃっていた。つい先日はお孫さんらしい女性といらっした蕎麦好き。

今日は幸先がいいと思ったら、それっきり、お客の来る気配がないのです。12時半を回ったから、スタッフと端切れの蕎麦をおろし蕎麦のぶっかけにして食べる。さっぱりと美味しいのでした。冷凍してある天かすをちょっと入れれば汁のコクも出る。一休みして時計は 1 時を回ったけれど、それでもお客は来ないので亭主は豚のハラミを解凍して串刺しにする。横隔膜の膜が付いている部分は包丁で薄く削いでおきます。一袋分で6本取れる。

結局、ラストオーダーの時間まで誰もお客が来なかった。この8月は金曜日が厄日でした。ひと月に二回もゼロの日があるのも、年間を通して珍しいのです。家に帰って女将に話せば、「暑すぎてみんな家を出たくないのよ」と言う。そう考えれば、わざわざ歩いて来てくれた今日の常連さんは有り難いと思える。佐倉地方は日中は雨という予報は大外れで、青空が広がってもくもくと夏の雲が湧いていました。今日も冷たい梨が待っていた。

今日は最初のお客が来たときから、熱中症気味だった昨日の反省から、ネックアイスを巻いていたので大丈夫。家のどの部屋でもエアコンは効かせてあるから涼しく過ごせるのだけれど、廊下はまるでサウナ状態。スポーツクラブまで 1 キロ以上を歩いて往復する女将も、熱くて堪らなかったと言う。亭主も身体が火照っているのか、夜のプールの水が随分と冷たく感じるのでした。自律神経が機能しなくなるのが一番怖い。明日も暑いらしい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.