今日は朝から蒸して…

今朝は床の中で寝汗をかいて目が覚めました。庭の朝顔を見れば綺麗に咲いていたから、気温は低いはずなのに湿気があるからなのでしょうか。pekoの散歩も今日はワンブロックだけ回って家に戻ってきました。風の抜ける通りでは涼しく感じるのに、風のない上り坂では汗ばむから不思議。家に帰れば、女将が朝食の用意をして待っていてくれました。亭主の好物の塩ジャケとお新香。これと味噌汁だけあれば、ご飯は食べられるのです。

髭剃りと洗面を済ませて、珈琲を一杯入れてもらったら、今朝も蕎麦屋に出掛ける亭主。道々、朝の仕事の段取りを忘れないように、お新香、米研ぎ、葱切りと呪文のように唱えながら、陽の高くなった蕎麦屋の前の通りに出れば、青空と雲とのコントラストが素敵でした。玄関脇のミニ菜園のひまわりと鉢植えの紅葉に水遣りをして、店の中に入れば、思ったよりも涼しいのです。やはり、今朝は陽射しとは裏腹に、外気温が低いのでしょう。

早速、米を研いでお新香を糠床から取り出して、小鉢に盛っていく。農産物直売所に、漬物用に中長ナスが出ていたので、これは使い勝手が好いのです。葱切りまで予定通り終えたら一休み。今朝の蕎麦打ちのことを考えていなかったから、二回打つか 1kg を一回にするか、ちょっと悩んだのです。先週は二回打ってもお蕎麦売り切れだったけれど、あれは例外的な混みようだった。定休日明けの平日としては一回打って11食を用意すれば好い。

そう考えて蕎麦打ち室に入ったのですが、店のエアコンが効いているからか、室温28℃で湿度が50%しかなかった。計量カップにちょうど 395cc の水を計って、39 , 5%の加水で蕎麦粉を捏ね始めました。蕎麦粉の量が多いからか、なかなか柔らかくならずに苦労をしたけれど、しっとりと滑らかになるまで捏ねて、いつものように伸しにかかったのです。ところが生地が硬くて、端のひび割れはないけれどこれもなかなか伸し広がらない。

あまり時間をかけて伸していると、今度は生地そのものが乾燥してしまうから、適度なところで畳みに入ったのです。1kg は横長に広げてから畳まないと伸し台の上には収まらないので、いつも下から上に畳むところを右から左へ、右から左に畳むところを上から下へと畳んで行ったのです。この後がいけなかった。また右から左に畳めば好いものを、どう間違えたのか、いつもと逆さまの状態で包丁切りに入ってしまったのが失敗なのでした。

二束ほど先端を揃えて落としたところで、これでは輪の部分を切ってしまうことになると気が付いたのです。これでは蕎麦が短く仕上がってしまうと、慌てて先端を切らずに切り進めるけれど、体裁はよくないのです。生舟に蕎麦を並べ終えたら、後悔しながらうなだれて厨房に戻り、野菜サラダの具材を刻み、久しぶりに抹茶きな粉大福を包む。小鉢には昨日仕込んだ筑前煮を盛り付けてもらうのでした。今日は全部売れたから気持ちが好い。

昼前にご夫婦のお客がいらっしたかと思うと、例の少年が今日も一人で蕎麦を食べに来ました。薬味も蕎麦湯も要らないから、海老の天麩羅を一本揚げて、カルピスとお菓子を出してやる。今日はカウンターに代わる代わるにお一人のお客が座って、テーブル席も次々にお客が入ったので、1 時半過ぎにはもう蕎麦が綺麗に売り切れました。先週に続いて、どうして木曜日にお客が集中するのだろうと不思議に思うのでした。外は真夏の陽射し。

洗い物を終えてスタッフと共に店を出れば、玄関を開けたとたんに熱風に包まれる。日影を歩けば風も幾分涼しく感じられるけれど、陽射しはとても強いのです。家に戻れば、女将が冷たい梨を剥いておいてくれました。書斎のエアコンが効き出すまで peko のいる居間で涼んで、パソコンに向かって今日の売り上げを入力する。写真を取り込んだところでひと眠りです。ところが目が覚めてみると頭がクラクラするから今日はプールをお休み。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.