朝は涼しいのだけれど…

今朝も涼しい高原の風が吹いていました。夕べは突然の 睡魔に襲われて10時前に床に入ったのに、今朝は6時過ぎまで眠っていたから、我ながら驚きました。朝の散歩を待っていたpekoを連れて3ブロックを歩いて回りました。途中、頭上の電線で何やら鳩が煩く鳴いていたので、見ればつがいのようでもあるし、喧嘩をしているわけではなさそうなのでした。公園にさしかかって朝日が木の間から漏れるのが見えた。今日も暑くなるのか。

女将の作る朝飯は、お新香とナスとピーマンとニンジン、玉葱に肉を入れて味噌焼き。蕎麦屋の残りの天麩羅の具材も上手に味噌汁に入れてあった。これで半膳ほどのご飯を食べて、亭主の朝食は終わりです。居間で一服していると女将が小さな湯飲みに珈琲を入れてくれる。外もかなり涼しいから、久しぶりに居間の大きな窓を開けて、蚊取り線香を焚く。大きすぎて壊れた網戸はとうの昔になくなってしまったから、豚さんが活躍する。

何十年も前に買ったものなのに、書斎の本箱の棚に置いたままだったのです。単純な作りの物ほど長持ちするようだ。豚の口から蚊取り線香の煙がもやもやっと出て、のんびりとした風情があってなかなか好いではありませんか。実は同じ形の子豚もまだ本箱の棚にあるのですよ。まだ若くて忙しかった時代に、生活に何か癒やしを求めたのだったろうか。暑すぎる真夏は過ぎたような気分だけれど、朝から動いている女将は今朝も暑いと言う。

いつもより早く8時過ぎには家を出て、蕎麦屋に向かえば今日も仕事が待っているのでした。夕べ5㍑の鍋に出汁取りの準備をしておいたから、一番出汁、二番出汁と時間をかけて出汁を取る。蕎麦汁を作って水で冷やし、冷めたら蕎麦徳利に詰めていきます。小一時間かけて出汁取りを済ませたところで再仕込み醤油が届いたから、今度は同じ鍋で返しを仕込んでおくのでした。これで二週間は大丈夫。二時間近くも火の傍にいて疲れて来た。

気分転換に駅前の銀行まで車を走らせ、今月分のスタッフの給料を引き出して新券に替えてくる。今月は祝日があったり、スタッフが急の休みだったりで、女将が 12日も手伝いに来てくれたから、少し多めに支払わなければ。白色申告の霊犀亭は、家族への給与は認められていないから、店の経理には元来無関係。ただ、実際には女将も働いているから、家計の足しにと同じ月末に金を渡すのです。それでなくても人件費分は毎月赤字になる。

銀行に行ったらそのまま家に戻って、pekoのいる居間で涼むのです。昼飯の準備にはまだ早かったから、冷蔵庫の中の冷えた西瓜を塩を振りながらむさぼり食う。やはり昼間はまだ暑いのです。女将がスポーツクラブから帰る前に、冷蔵庫にあった蕎麦屋の残り物を取り出して、スープとカレー炒飯を作る準備をする。野菜サラダの具材や鶏団子、かき揚げ用の玉葱と人参、豚肉だけが家用の食材として買って来たもので、亭主が中華鍋を振る。

今日は夕べしっかりと眠れたので、食後に眠くならなかった。一休みしたらプールに出掛け、またまた気分転換の定休日。家に戻ったら、今度は車を置いて蕎麦屋に出掛け、午後の仕込みをするのでした。夏の筑前煮の根菜類を刻み、出始めの里芋は八方剥き。新蓮根と鶏肉まで加えて、今回も豪華な小鉢の出来上がり。ちょうど煮詰まったところで海老と鴨肉を持って業者の青年が来たので、小鉢に盛った一鉢と冷えた蕎麦茶をサービスする。

「これは美味しいです。料理屋ならメニューに載せる酒の肴のひと品ですよ」と礼を言いながら、あと一軒回って今日は終わりだと言う。女将から電話が入って「この間、蕎麦屋で残った海老を天麩羅にするから、天ぷら粉を少し頂戴」と言う。夕食に家の狭い食堂で天麩羅の海老を見たら、随分と大きいので驚いた。「やっぱり揚げたては美味しいわ」と久々に家で天麩羅を揚げた喜びに浸る女将。やっと先週の蕎麦屋の残り物も尽きたかな。

This entry was posted in 仕込み, 日常, 未分類, 経営. Bookmark the permalink.