涼しい朝と眩しい昼と…

定休日の今朝は朝寝坊をして、7 時前にpekoの散歩に出掛けました。「今日は綺麗に咲いているみたいよ」と女将の言う朝顔を見たら、本来のヘブンリーブルーの色に近づいて、蕾が見事に開いているのでした。やはり今朝は相当に涼しく、まるで高原の朝のようなのです。朝食には蕎麦がまだ残っていたけれど、女将の用意してくれた米のご飯を食べて、お袋様と仕入に出かける準備をするのでした。蕎麦屋に寄って洗い物を片付けたら出発。

地域の農産物直売所は団地の西の外れにある。今日はナスやキュウリやオクラなどの夏野菜がどっさりと運ばれてきていました。ナスは指で触って弾力のある柔らかな感触のものが一番好い。キュウリは糠味噌に漬けることを考えると細い物は避けるのです。オクラは蔕の部分の切り口が黒くなっているのは採ってから日にちが経っている。青いままのものが新鮮なのです。トマトはもう終わりになるのだろうか、値段が随分と高くなっていた。

季節も移ろうから地域で手に入らないものは、隣町のスーパーで県内や全国からの野菜を手に入れるのです。今日は入荷したばかりのものらしく、新鮮な野菜が多かったから嬉しい。お袋様を家まで送ったら蕎麦屋に戻って、冷蔵庫の野菜室に綺麗に並べて収納する。それから月末の定例で床屋の親父様の顔を見に出掛ける。先客が一人いたけれど、すぐに終わるから、また亭主と二人で四方山話が始まるのです。今日は日本円の価値について。

昼前に家に戻って、女将の帰宅が 1 時過ぎになるからと、亭主は再び蕎麦を茹でて食べるのです。5 日目の蕎麦でも決して不味くはなのだけれど、毎回、二人分ずつ茹でて食べるから、ちょっと食傷気味。今日は午後からケーブルテレビの修理屋が来るから、早めに一人で昼を済ませました。古くなったチューナーが言うことを聞かないので、取り替えてもらう予定なのでした。1 時過ぎに技術者が現れて、見違えるようになった居間のテレビ。

リモコンのボタン操作も使うものが限られているのに、機能が多すぎるので亭主にはうんざりなのでした。一日何軒も回って同じような作業をする技師も、亭主の使う好みに合わせて設定をしていってくれる。午後のひと眠りをして、夕刻にまた蕎麦屋に出掛け、明日の出汁を取る準備を済ませ、残っていた二番出汁で天つゆを作ってくる。小鉢の仕込みは暑い陽気だから出来れば明日の方が好いのです。宅配便も明日の午前中に再配達にする。

夕方の 5 時を過ぎたら夜の早い我が家はもう夕飯モードです。蕎麦屋で作った金平が残っていたから、突き出しにしてまずは一献。女将がグリルで豚のハラミの串焼きと鴨肉を焼き始める。次に賞味期限の豆腐が出て、テレビでニュースを見ながらもう一杯。亭主は明日の仕込みの段取りを考えながら、午前中にプールへ行けるのだろうかと、仕事の多さを思うのでした。出汁取りに蕎麦豆腐にデザート、筑前煮を仕込んで天麩羅の具材切り…。

再配達の追い仕込み醤油が届けば、返しも作っておかなくてはならない。そして夕刻には糠漬けを漬けにまた蕎麦屋に行くから、プールで泳ぐのは午後一番だろうか。やっと串焼きと鴨肉が焼けて、女将も夕食の食卓につくのでした。県内のコロナ感染の状況は一段落のようだけれど、「ピークが過ぎたなどと言われると街に人が出るのよ」とメディア漬けで情報通の女将が物知り顔で話をするのです。蕎麦屋としては給料後だし有り難いかな。

市の産業振興課から、小規模事業者応援給付金の決定通知書が届いたけれど、まだ銀行の口座には振り込まれていませんでした。明日は出入りの業者が鴨肉と海老を配達に来る。今週は蕎麦粉の支払いがあったから、今日の仕入れで先週の売り上げは使い切ったのです。その日その日の僅かな売り上げが、次の日の準備に必要なのは、まさに小規模事業者の宿命かも知れない。月末にスタッフに払う給料も用意しておかなければなりません。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, . Bookmark the permalink.