風は涼しく陽射しは強く…

6時に目は覚めたものの、起き出すまでに時間のかかるのが最近の亭主。この週末はお客も少なかったのに、夜まで店を開けているからか、やはり疲れが溜まるのかも知れない。何かいい気分転換の方法はないものだろうか。プールでひと泳ぎでも出来れば違うのだけれど、週末はスポーツクラブが早仕舞いなのです。亭主がお茶を飲んで一服する間、玄関側のガラス戸の前でじっと待っているpeko。今日も2ブロックを歩いて朝食なのです。

「お湯が沸きましたよ」と女将が言うので台所に行って四日目の蕎麦を茹でて食う亭主。昨日6束も持って帰って来たから、一度に二食分を茹でておろし蕎麦で食べるのです。夏野菜の揚げ浸しとぬか漬けのお新香も蕎麦屋の残り物。今回は蕎麦がちょっと多く残りすぎたけれど、小さな蕎麦屋は残り物も家で美味しく食べ終えるくらいの量だから、赤字経営でも何とかやっていけるのです。串焼きや枝豆などが残れば亭主の夜の酒の肴に最高。

毎日打つ蕎麦はもちろんのこと、季節季節の美味しい料理を作ってお客に出したいという思いは、お客が来ない日があっても、いつも忘れていません。朝の食事を終えて、切れた煙草を買いに車で近くのコンビニに出掛ける亭主。風は涼しいのに、今朝も陽射しは夏の暑さなのでした。家に戻って車をガレージに入れたら、そのまま蕎麦屋に向かうのです。青空に湧き出す雲が異様な景色で、例年とはちょっと違った夏の終わりの光景なのです。

蕎麦屋に着けば、玄関前のミニ菜園の入口に植えたひまわりが、やっと花を咲かせていました。「今日はもう蕎麦を打たなくてもいいんじゃない ? 」と女将に言われてきたにもかかわらず、生舟の中の蕎麦を見たら、7食分しか残っていない。いくら何でも、これでは客の少ない夜の営業の数だろうと、今朝も500g だけ打ち足すことにしました。開業以来の経験から、一日 15 食というのが目安でしたが、定休日前は10食を越えればまずまず。

店の中に入れば、今朝の外気の涼しさのせいか、厨房の気温も25℃といままでになく涼しいのでした。蕎麦打ち室も26℃で、湿度は50%台。わずか 5 食の蕎麦を初心に戻って真剣に打つ亭主。家にはまだ昨日持ち帰った蕎麦が残っていたから、今日もお客が少なければ大変。いつものスタッフが急用で休みだから、三日連続で女将が手伝ってくれる。厨房に戻って、野菜サラダの具材を刻んで二皿だけ盛り付ける。これで開店の準備は終了。

暖簾を出す前に隣町からいつもスクーターでみえる常連さんがいらっして、「もういいかしら」とテーブル席に座って天せいろのご注文。すると昼前に駐車場に車が入って、ご夫婦がもう一つのテーブル席に座るのでした。順調な滑り出しだったから喜んでいたら、昼を過ぎて次々とお客がいらっしゃる。テーブル席は二回転、カウンターまでお客が座って満席の看板を出す始末。親子丼とせいろ蕎麦のセットをご夫婦で頼まれたからさあ大変。

天麩羅鍋があるから、火口が足りずに親子丼は一つずつしか出来ないのです。次にいらっしたお客を待たせて、順番に一つずつお出しする。この忙しさが楽しいと思えるのですが、女将はお茶出しや注文取り、会計と忙しそう。一通り注文の品を出し終えたところで、女将の友人の常連さんが玄関を開けていらっしゃる。カウンターの隅に座っていつものご注文なのでした。時計を見れば、もう1時半。珍しく月曜日に混んだから嬉しい。

お蕎麦売り切れの看板を出して、3 時過ぎまで延々と洗い物をする午後なのです。家に帰って遅い昼食にまた蕎麦を茹でて食べる亭主。さすがに腰が痛くなって横になって休む。目覚めればもう夕刻の6時前なのでした。例によってなかなか起き上がれない。夕飯を済ませた女将にお茶を一杯入れてもらって、やっとプールに出掛ける準備をする。車で出掛けて空いたコースでひと泳ぎすれば身体が目覚めてくる。女将に果物を買って帰った晩。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.