朝から蒸し暑く、陽射しの強い一日でしたが…

5 時半起床で、6 時過ぎにはpekoの散歩に出掛けました。朝からムーッとした生暖かい空気で、風は幾分涼しいのだけれど、今日一日の天気が思いやられるのでした。家の庭の朝顔も、蕾が開くかと思っていたら、やはり気温の関係なのかそのまま萎れてしまいそう。家に戻って女将の用意してくれた朝食を食べたら、コーヒーを入れてもらって出掛ける準備をする亭主。今朝は珍しく昨日の蕎麦が生舟に二箱も残っているから蕎麦打ちはなし。

蕎麦打ちのない代わりに、小鉢の追加をしておかなければと、残っている根菜類と夕べ買って来た鶏肉とを使って、夏の筑前煮を作るのでした。鶏のもも肉を小さく切って、片栗粉をまぶしたら油で焦げ目が付くくらいに揚げておきます。ニンジン、蒟蒻、ゴボウ、煮崩れしないジャガイモのはるか、干し椎茸を一口サイズで切っておいて、鶏肉を取り出した油でそのまま炒めていきます。二番出汁を沸かして根菜を煮込んで灰汁を取っていく。

出汁醤油と砂糖を加えて味を調えたところで、火が通った根菜類に揚げた鶏肉を加えて落とし蓋をして更に 20 分ほど煮込むのです。鶏肉を小さく切って揚げてあるから、冷たくなっても美味しく食べられるのがポイントかな。お新香や酢の物とは違って、今までこの小鉢を残したお客はいないのです。ただ、鶏肉を加えて原価が割高になるので、本当はあまり作りたくない。夏野菜の揚げ浸しの方がずっと割安に出来るけれど、まあ好いか…。

蕎麦豆腐もデザートの水羊羹もあるから、後は野菜サラダの具材を刻むだけなのでした。朝の蕎麦打ちがないだけで、やはり随分と時間に余裕が出来るのです。しかし、蕎麦打ちをしない日の蕎麦屋の亭主はまるで抜け殻なのです。毎日、打ってなんぼの世界だから、それで元気が沸いてくる。店のエアコンは 全開で18℃の設定だけれど、換気のために窓を少し開けているから、ビューと熱風が入ってくるのです。日中は今日も陽射しが熱い。

開店前に電話が入って女将が出れば、「何時までやっているのですか」と言うのだそうな。「1 時 45 分がラストオーターです」と応えたのだけれど、来るのか来ないのかは判らない。そうしている間に、暖簾を出して昼過ぎに常連さんがいらっして、いつものヘルシーランチセットのご注文。最近はよくしゃべるようになったけれど、本来は無口なお客様らしい。亭主が奥の座敷で小休止に入った後も、女将を相手に話をしていたようです。

お客の来ない間を見計らって、亭主は 70g ほどの端切れの蕎麦をぶっかけにして食べておく。小さなお椀に天かすと大根おろしと山葵と葱を載せて、食べるこの蕎麦が実に美味しい。最近、体重がコロナ以前に戻って喜んでいる亭主にとっては、70g の蕎麦も貴重な昼飯なのです。後はパワーが足りないと感じるのは、やはり暑さのせいだろうか。1 時を過ぎて、例の電話のご夫婦がいらっして、ヘルシーランチセットのご注文なのでした。

東京からわざわざいらっしたと言うから話を聞けば、大学生になるお子さんたちが前の職場の卒業生なのだという。在任中の亭主にも会ったことがあると言うけれど、名前を言われても知る由もないのです。それにしても多少の縁で遠くまで蕎麦を食べに来て下さったのは有り難いこと。優しそうなご主人が「記念に写真を撮らせて下さい」と女将と二人でスマホの撮影に応じる。他のお客もいらっしたので、そう長くは話が出来ませんでした。

女将と早めに家に戻ったけれど、蕎麦豆腐も随分と出て豆乳が切れたので、今日届いた蕎麦粉の代金を支払いがてら、買い出しに出掛ける亭主。女将は暑い中を美容院に出掛けて行く。それでも厨房の暑さで参っているから、遅い午後にはやはりひと眠り。やっと目覚めて蕎麦屋に出掛ければ、エアコンを入れたままにしておいたから幾分涼しいのでした。蕎麦汁を徳利に詰め、天麩羅の具材を切り分け、蕎麦豆腐を仕込んでもう日暮れの時刻。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.