盆休み、二日目の目標は…

寝をしなかった昨日は夜も早く眠くなって、エアコンのタイマーをセットしてグッスリと眠ったのです。7 時間近く眠ったら、5 時にはもう暑さで目が覚めるのでした。居間に入れば pekoはまだ眠っているし、朝の散歩も亭主がお茶を一杯飲んで、pekoが目を覚ましてからということにしました。5 時半頃になって、やっとpekoも目覚めたらしく、散歩に連れて行けと忙しく動き回る。外は早朝なのにムーッとする暑さで今日も猛暑なのか。

6 時近くになって、そろそろガレージのシャッターを開けても好いだろうと、背丈よりも高い脚立を取り出して、ミソハギの苗の植え付けを始めるのでした。ポットの古い土を利用して植えるときは、ちょっと割高だけれど、「土よみがえれ元気くん」を使うと便利。ポットに残っている古い土に混ぜて小型の鋤でよくかき混ぜて、苗を植えたらたっぷりの水を遣る。昔作った給水シャワーが健在なので、水道の栓を捻るだけで水撒きが出来る。

30分ほどで植え付けが終わり、書斎の窓の下にもまた花の姿が眺められるようになりました。以前は季節毎に様々な花を植え替えていたものですが、歳を取って億劫になったから、今回は花の時期の長い多年草を植えてみたのです。女将の用意した朝食を食べ終えたら、今度は粗大ゴミを時間までに道路際に出しておきます。女将の稽古場でネズミに囓られた衣装ケースと汚された布団類と、亭主の書斎に積んであった古いプリンターを出す。

遠い町の廃棄場まで自分で持って行く人もいるらしいけれど、種類毎に金券を買って張り付けておけば、取りに来てくれるのだと言う。これだけの量で2500円は高いか安いか。新型コロナで買い出自粛の時期で、結構、利用する家庭が多いらしく、やっと引き取りに来てくれたのでした。さて、盆休み二日目の目標で残っているのは、最大の難関、亭主の書斎の掃除なのですが、プリンターやスキャナをゴミに出したから、あとはゴミの選別。

たった六畳一間の狭い空間に、夥しい数の情報が所狭しと積み上げられているから、これを整理するのは並大抵の事ではないのです。まずは机回りの荷物の整理をしようと、立てかけてあるノートや書類を手に取れば、どれも取捨選択をして残しておいた資料だから、なかなかゴミ袋には捨てられない。古い雑誌やパンフレットは次々に紐で括って廃品回収に出す準備が出来るけれど、調理師学校でのノートや教科書はやはりまだ捨てられない。

すべてが現在にまだ繋がっている資料だから、必要な時にもう一度調べ直すのでは、気の遠くなる時間がかかるのです。調理関係、税務関係等の必要な書類は、やはり大切に保管しておかなければ。ゴミ袋一袋に不要な紙類を詰めて、後はファイルに入れて机の上の本棚に収納。ファイルもインデックスを付けておかなければ、また元の木阿弥になる。少し疲れたからと、今度は蕎麦屋に出掛けて一仕事。昼前なのに朝顔がまだ咲いていない。

店の厨房に座ると、何と何をしなくてはいけないと、頭が蕎麦屋バシージョンに切り替わるから不思議です。忘れないうちにメモ用紙に書き出しておく。今日と明日とで、返しを作り、出汁を取り、蕎麦汁と天つゆとを仕込まなければならなかったし、鶏肉と茹蛸は明日か明後日には買いに行って、夏の筑前煮とモズクの酢の物とを仕込んでおかなければいけない。出汁を取る昆布もそろそろなくなりそうなので、買っておいた方が好いだろう。

女将がスポーツクラブから帰る時間までに家に帰って、今日はとろろ蕎麦を茹でる。これで月曜日に残った蕎麦はすべて食べ終えたから、明日は冷やし中華を食べたいところです。午後はプールに出掛けてひと泳ぎ。家に荷物を置いたら、また蕎麦屋に出掛けて5㍑の鍋に返しを作る。家に戻って夕食を食べ終えたら、また蕎麦屋に出掛けて、今度は出汁取りの準備をしてくるのでした。明日はお袋様と女将を連れて墓参りに出掛ける予定…。

This entry was posted in 料理, 日常, . Bookmark the permalink.