雨上がり、それぞれの隠居生活…

温帯低気圧になって去って行った台風16号。17号のたまごも既にあるそうだけれど、台風一過とは行かずに曇天の朝。pekoも暗いから渋々散歩に出る様子で、9月も下旬だというのに、どんよりとした空模様なのでした。蕎麦屋の庭で秋ナスやピーマンを採って、今日の仕入れの量を考える亭主。明日のお彼岸も休日営業だから、来週は5日間の営業日。先週の客の少なさには驚いたけれど、そろそろ復調の兆しは見えてこないだろうか。隠居仕事も暇すぎて…。

お袋様を連れて隣町まで仕入れに出掛けると、今日はキャベツが激安で77円。先の台風の影響で小さなニンジンが1本50円もするから、野菜の値段も天候に敏感なのだとこの歳になって今更ながらに実感するのでした。安い物だけを使って美味しい料理を作れれば一番いいのだけれど、メニューが決まっているものはそうもいかない。これからの季節は大根が美味しくなるから、煮付けてもいいしとはお袋様。さすがに年の功。またまたレシピの研究をしなければ…。

いろいろな工夫をするのに頭を使うのがいいらしいので、女将の提案で店の玄関口に人気メニューの値段と写真を掲示してみました。費用のかかる宣伝はじっくり考えてからにしようというのが最近の亭主。まずは出来るところからと言うのが、隠居生活の知恵なのかも知れない。昨日のうちに細かく砕いて乾燥させておいたかつお節のふりかけ作りは、今日になって味付けをする。これがいつになく上手くいって、ぱさぱさの状態で仕上がったから大成功なのでした。

一日で終わらそうと思うと味醂や出汁醤油の水分がなかなか飛ばないので、どうしても少し湿ってしまうのが難点なのでした。じっくりと時間を掛けて仕上げる調理もあるものなのだ。朝のうちに昆布と干し椎茸を浸けておいた鍋で出汁を取りながら、次の調理の準備を済ませる。蕎麦屋の窓の外をゆっくりとしたジョギングの老人が行く。自転車に乗って家庭菜園の畑に出掛けるご近所の親爺様が通る。それぞれの隠居生活が垣間見られるようで楽しくなるのです。

天麩羅の具材にはカボチャをガラスキ包丁で形よく切って使うから、残る部分が勿体ない。先週使い残したものと合わせて煮物にするのがいつものこと。煮物も形を揃えて使うから、それでも余分なところが残る。個人的にはそれでカボチャのポタージュなどを作りたいのだけれど、まだまだそこまで蕎麦屋も進化していない。これは家に持って帰って女将に使ってもらうのです。今週は、秋茄子の揚げ浸しを本格的に作ろうと、出し汁に味を付けて冷たく冷やしておく。

もっと沢山の種類を作りたいけれど、いつも一度に作りすぎてしまうのが亭主のいけないところ。結局、小鉢にしても出し切れないから勿体ない。材料は週末まで取っておいて、明日の分の蕎麦汁を蕎麦猪口に入れて、冷蔵庫で寝かせておく。昼は冷凍してあったざるラーメンと餃子を作って蕎麦屋で一人食べる。朝から稽古に精を出しているはずの女将も、家で一人で昼を食べているはず。二人分のラーメンを茹でたら、さすがに満腹になって奥の座敷で休憩…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.