やっと盆休み、恐らくこの夏最高の暑さで…

やっと迎えたお盆の休みの初日だから、ゆっくり寝ていれば好いものを、いつもと同じ時間に目が覚めてpekoの散歩に出掛けるのです。家の庭のフェンス越しに咲く朝顔の姿を見るのが楽しみで、pekoのリードを手に持ったままカメラで写真を撮る。朝の7 時前だというのにまだ花が開ききらない蕾もあるから、結構、朝寝坊の種類なのかと思うのでした。朝からこの暑さだと人間なら寝ていられないのですが、起きる時刻が決まっているのか。

朝食を終えて居間の椅子に座れば、今朝は駅前の高層マンションも青空に映えてくっきりと見えていました。何か朝から真昼の暑さの気配なのです。幾分、涼しかった昨日の朝のうちに、書斎の窓の下に置いた大型のポットの草取りをしておいて好かった。盆休みの間に片付ける幾つか目標を決めておいたそのうちの一つなのでした。使えなくなった古いプリンターやスキャナーも粗大ゴミで出す予定。埃の積もった書斎の掃除も目標の一つ…。

とにかくいつもの通りにお袋様と仕入れに出掛けて、新鮮な食材だけを買って蕎麦屋の冷蔵庫で保存しておくことにしたのです。庭に出れば金柑の早く咲いた花がもう実を付けている。これから咲く花もあるから、本当は夏の実は摘果したほうが好いらしいのですが、これだけ大きくなっていると可哀想で採るのは難しい。きっと早い時期に剪定をしたから、栄養がよく回ったのかも知れません。蕎麦屋に寄って昨日の洗い物を片付けておく。

まずは農産物直売所へ出掛けて、新鮮な野菜を選んで買い求める。オクラやピーマンなど新鮮でも形の悪い物は、お客に出せにないからパスなのです。隣町のスーパーは、いつになくお客が混んでいました。盆を迎える準備で人々も忙しいのかも知れない。鶏肉や茹で蛸などは、盆休みがあるからまだ買うのは早い。女将への土産は季節の果物。お袋様を送って店に戻って仕入れた食材を冷蔵庫に収納したら、一度家に戻って荷物を置いて休憩。

今日は西の町のホームセンターへ、蕎麦屋の消耗品を買いに行く予定だったから、血圧計が壊れたと言っていたお袋様を車に乗せて、また一緒に出掛けるのでした。ついでに、墓参りの時にいつも撒き足さなければ思っていた墓地の砂利を、お袋様に好きな種類を選んでもらって、車に60kgも積んで帰る。そして、書斎の下のポットに植えようと、ミソハギとポット用の土を買って、一つ一つ盆休みの目標をかなえる準備をしておくのでした。

家に戻ればちょうど昼食の時間で、女将が鍋に湯を沸かして蕎麦を茹でる準備をしておいてくれました。昨日上げて帰った天麩羅の残りをグリルで焼いて、相も変わらず天せいろを二人で食べるのです。午前中に随分と汗をかいたから、書斎のエアコンが効くまで涼しい居間で椅子に座って休む亭主。pekoはその足元で床に伏せてまた眠り始めました。盆の入りに墓参りに行くのに、墓地の草取りをしておかなければと様子を見に出掛ける。

墓地に着けば、綺麗に草は取られていたから、近所に住む弟が来て掃除をしてくれたらしい。供えた花はとっくに枯れてひからびていた。一番暑い時間帯だったけれど、草取りをしない分動けるだろうと、車から買って来た砂利を運んで墓地の古い砂利の上に撒いていく。15kg の袋を四回運んで行くだけで、どっと汗が噴き出る。それでもすぐに作業は終わって、後は明日のうちに花を買って、明後日の墓参りに備えれば好い。猛烈な暑さ…。

家に戻れはば汗でずぶ濡れだったから、ハーフパンツに着替える。Tシャツは汗が収まるまでは着る事が出来なかった。動き回った一日だった割には、今日は昼寝をすることがなかった。「寝ていたのかと思った」と一人でお茶を飲んでいた女将が、亭主にもお茶を入れてくる。明日は涼しいうちに窓の下のポットにミソハギを植えよう。粗大ゴミを時間までに出し、午前中になんとか書斎の掃除を終わらせたい。目標があることは好いことだ。

This entry was posted in 季節, 日常, . Bookmark the permalink.