山の日もやはり猛暑で…

今日も朝から蒸し暑いのでした。女将が庭のフェンス沿いに植えた朝顔が、今朝は沢山咲いて見事なのでした。一本の苗からこれだけ育てばまずまずの出来栄えだろうと、彼女は自画自賛する。イメージしていたヘブンリーブルではないけれど、自分が蕎麦屋に出掛ける時間まで咲いていたから好かったと言うのです。亭主は一足早く蕎麦屋で朝の仕事を終えて、31℃の蕎麦打ち室に入って、今日の蕎麦を打つのでした。明日からお盆休みです。

湿度は55%だったから、加水率は39%強。少し柔らかい生地の仕上がりでしたが、均一な厚さを意識して伸したのです。畳んだ後は包丁の切れ味が好いので、切り幅も綺麗に揃って今朝もご機嫌な蕎麦の束が仕上がる。盆休み前の蕎麦としては、お客様にも喜んでもらえるの出来ではないかと期待するのでした。市内の感染拡大のニュースは報道されていなかったけれど、暑すぎてお客が来ないということもあるので、それが心配なのでした。

昨日の小鉢はすっかりなくなっていたので、今朝は夕べ作っておいたカボチャの従姉妹煮を盛り付けてもらいました。タッパに入れておいた予備のお新香を取り出して盛ってもらったけれど、やはりあまり見栄えがしなかったので、天麩羅にしても茹でても使えると仕入れておいたインゲンを茹でて、おろし生姜を載せて小鉢にするのも好いだろうと、塩を効かせて茹でておく。明日から盆休みなので、用意した蕎麦は12食だけだったのですが。

小鉢は 4 月に値段を上げた時から天せいろにも付けるようにしたので、出た蕎麦の数だけ小鉢が出るから準備が大変。それでも昨日の例もあるからと、野菜サラダも三皿盛り付けておきました。サラダを盛り付けるのに時間がかかったのか、今朝は開店時刻ギリギリまで仕込みが続きました。亭主がやっと奥の座敷で一休みする間に、女将が暖簾を出してくれる。昼前にはもう二組のお客がいらっしゃったから、まずますの出だしなのでした。

春蕎麦の新蕎麦が美味しいとおっしゃるお客は、だいたい蕎麦湯も綺麗に飲み干して帰られるので、やはり蕎麦の味が分かると言うことがあるのだろうかと感心する。亭主は店ではいつもぶっかけで賄い蕎麦を食べてしまうから、蕎麦湯を飲むのは家に持ち帰った蕎麦を茹でて食べる時だけなのです。「蕎麦湯も蕎麦も綠がかっていますよね」とおっしゃるお客はなかなかの観察眼。本当は黙ってお出ししても、美味しいと判られなくては駄目。

外は相当な暑さだから、厨房のカウンターに置いた温度計はは32℃を越える。平屋作りだから、屋根が暑くなるともう堪らないのです。お客のいない時間には、亭主が駐車場に打ち水をして、しばしの清涼感を期待するのでした。1 時過ぎに仕事帰りらしいリピーターの女性がカウンターに座ろうとするのを、「空いていますからテーブル席にどうぞ」と案内をして女将が注文を伺う。蕎麦豆腐をまずはご注文で、ぶっかけ蕎麦を頼まれる。

ゆっくりと一休みなさって帰って行かれたのです。それきり、お客は来そうもなかったので、お袋様に電話をして蕎麦や残り物を取りに来ないかと話をする。休み前の後片付けは大変で、天麩羅の具材はすべて揚げて持ち帰る準備をするし、蕎麦や蕎麦汁の他に冷蔵庫の野菜や小鉢を入れ物に入れて袋に詰める。それから最後の片付けだから、2時半を回ってやっと炎天下を家路につくのでした。夕刻は peko の病院。やはりドライアイと診断。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.