やはり、暑い夏に逆戻りで…

寝汗をかいて目覚める朝でした。居間に入れば pekoも起きていて、亭主はヨーグルトを一杯飲んで朝の散歩に出掛けるのです。蒸し暑いからつい目線は涼しい景色に惹かれるのでしょうか、毎年、同じ色の小型の朝顔の咲くお宅を曲がって、今朝は3ブロックを制覇した peko。身体の重い亭主は起伏のある緩い坂道を登るのも億劫なのに、身体の小さな愛犬は余り気にしていない様子。家の前の通りに出ても、まだ少し上り坂は続くのです。

家に戻れば女将は台所で朝食の用意をしているから、「 peko にご飯をやってね」と頼んで、自分は居間の椅子に座って一休みなのです。ケーブルテレビのコンバーターの調子が悪いので、リモコンの操作が時折できなくなるのが最近の悩み。佐倉の天気予報を見たいのだけれど、なかなか画面が切り替わらないのです。サラダとお新香が付いた焼き肉丼を平らげて再び居間に戻れば、女将の入れたコーヒーが出てくるから、今朝の始まりです。

8時半に家を出たときに、庭の朝顔がまだ咲いていたから、これは日本朝顔とは違うと思うのです。「朝日に枯れぬ」と言うように、日本朝顔は陽の昇る頃にはもう萎んでしまうもの。女将がヘブンリーブルーだと言われて高い買い物をしたのは好いけれど、どうも花屋さんの間違いらしいのです。種を取ってまた育てているうちに、先祖帰りをしてしまうものがあると聞いたこともある。長い時間花を楽しめるから好いと女将も言うのでした。

蕎麦屋に着いて朝の仕事を終えたら、気になるのは夕べ浸けておいた糠漬けの仕上がりです。夏の蕪はあまり甘くなくて硬いばかりだから、そろそろキュウリとナスだけでも好いかも知れない。彩りを出すならニンジンか大根を漬ければ好いのだけれど、漬け込む時間差がまた面倒なのです。旬の物がやはり安くて一番美味しいからちょっと考えてみたい。外はまた真夏の陽射しに戻って、じりじりと照りつける陽の光で今日は暑くなる分かる。

朝が少し涼しかったから蕎麦打ち室は28℃。湿度は60%。今朝もまた 750g の蕎麦を捏ねて、加水率は39%強。伸した生地の中央部分の厚味を気にしておけば、自然と全体の厚味が均等になってくる。要は、打ち方、伸し方のクセを常に修正することが大切なのでしょう。亭主が 40 年以上も続けている水泳も、前方の見えないバックストロークの時に、ともすると左に曲がることがあるのです。首を上げて目でコースロープとの距離を測る。

修正の仕方は様々でしょうが、常に自分の姿勢を確認する作業が大切なのだと思うのです。今朝は、八つに畳んだ生地を研いだばかりの包丁で切っていけば、綺麗に等間隔で切りべら28本。包丁の切れ味が好いから、角がしっかりと立っているし、これはお客様には是非食べていただきたい一束なのでした。野菜サラダの具材を刻んで、休日だからと今朝も 3 皿を盛り付けておく。今日はこれが全部プラスアルファーで売れたから嬉しい。

暖簾を出して、お客の来る前にと駐車場に打ち水をしていたら、もうお客がいらっして、「涼しそうで好いわね」と奥様がおっしゃる。今日は二回転のお客様で、やはり日曜日はお客が多かったのです。「2 時までしかやっていないの。いつ来ても開いていないから」と言うお客には、「コンビニじゃありませんから一人ではなかなか」と応える亭主。みんな便利な世の中の仕組みに慣れすぎている。でも新蕎麦の美味しさを褒めてくれました。

市内の新型コロナの感染拡大のニュースが報じられる割には、お客の多かった昼の営業でした。家に戻ってひと眠りして、蕎麦屋に戻った亭主が明日の仕込みをしていたら、リピーターのご主人が今日は奥様と散歩帰りにご来店です。天せいろとビールを頼まれて茹でた枝豆を付け出しでお出ししたら、続けて男性の一人客がとろろ蕎麦の大盛りのご注文。夕刻の熱い厨房で亭主も疲れてはいたけれど、マスクをして注文の品を配膳するのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.