曇り空、真夏の暑さも一休みで…

今朝はすっきりと6時に起床できました。あまり早く目が覚めるのも困ったものだし、遅く起きると忙しいから、ちょうど好い時間に目覚めたいもの。夕べは予報ほど暑苦しくなかったので、ぐっすりと眠れたのかも知れません。pekoも朝の散歩のスタンバイをして亭主を待っていたから、2ブロックを回って元気に坂道を登るのでした。「暑くて眠れなかった」と女将が朝食をいつもより早く準備してくれたので、蕎麦屋へも早く出掛ける。

曇り空で外気は案外と涼しかったのです。庭の朝顔を見上げながら、洗濯物を干している女将に「行って来ます」と言って今朝は歩く亭主の足取りも軽い。幟を出してチェーンポールを降ろしたら、その足で隣のお爺さんの畑まで、ひまわりの写真を撮りに行くのでした。梅雨が長くて日照不足だったからか、茎の下の葉は枯れてしまっていたけれど、この何年間か毎年夏になると花を咲かせているのです。元気をもらえると好いと願うばかり。

今朝は店の厨房も蕎麦打ち室も27℃で、昨日までの暑さが和らいでいるのがよく判るのでした。青空が何処にも見えないから、陽が差さないので涼しく感じるというのも、皮肉なものです。確かに梅雨の時期の蒸し暑さでもないので、過ごしやすいと感じるのです。大釜に湯を汲みながら、夕べ漬けた糠漬けを冷蔵庫から取り出して、切り分けていきます。ミョウバンの効いたナスの色が鮮やかで、やっと夏野菜のお新香が美味しくなった。

昨日は市内の新型コロナ感染者が100人を越えたから、今日も土曜日だというのにお客が来ないのかと心配をする。集団感染が起きている場所が、団地の西と東のすぐ隣町だから、女将の話ではないけれど、買い物に行くのも怖いという状況なのでしょう。店の名前も公表されているから、駅前の何処何処の店と皆が知っている状態で、感染しても無症状の老人たちが多かったらしく、あちこちの店に出入りしていたと店の客が話すのでした。

「すれ違ったくらいでは感染しないでしょう」と、女将はまだ冷静で、スポーツクラブに行くにも、買い物に行くにも、いつもマスクは二つ持って歩いているのだとか。店に来るお客にも、必ず入口で手指の消毒をお願いしているし、窓はクーラーを強めに入れて風が入るほど開けているのです。蕎麦打ち室に入って今日も8人分の蕎麦を打つ。生地の中央が厚くなるのを避けて、丁寧に伸し広げていくから、切りべら28本で130g の仕上がり。

今日は昼前からお客が入ったけれど、皆さん思いの外ご新規の方々で、「お蕎麦が美味しかった」と言って帰られた。洗い場に戻る蕎麦湯の入れ物を見れば、皆さん綺麗に飲み干して行かれたから、まんざらお世辞ではない様子なのです。初めての店だからか、新型コロナの影響か、皆さん心なしか口数が少ないのが、厨房にいてよく分かるのです。それでも、店の中には一時期に多くても二組のお客しかいない状態で、ちょうど好い具合です。

一昨日いらっしたばかりの隣町の常連さんが、今日もまた見えたから、「来たばかりなのに有り難うございます」と言えば、「家の近所は怖くてスーパーにも入れないんですよ」と、集団感染のその後の様子を詳しく話して聞かせてくれたのです。最近、いつも客の少ない霊犀亭なら、安心して昼を食べられると思っているのでしょうか。昼時に混んでお客が店に入れない週末が多かったのは、夢の昔の出来事のようです。いつまで続くのかな。

この時期の土曜日にしてはまずまずのお客の入りで、女将のデータに寄れば去年よりもお客の数は多いのだとか。新しいお客様も見えているから、今後に期待をするばかり。明日と明後日の連休も去年を越えることが出来るだろうか。いくぶん涼しい風の吹く中を家に戻って一休み。亭主がひと眠りしている間に、女将は買い物に出掛けたらしい。4 時過ぎに再び蕎麦屋に戻って、明日の仕込みをしているうちに、お客は来ずに日が暮れてきた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.