コロナ感染拡大の煽りか…

習慣というものは恐ろしいもので、今朝も5 時前に目覚め、pekoの散歩の前に家の木槿の枝を剪定し始めました。高さがあるので一度には無理だと分かっていたから、ゴミ袋を左腕にぶら下げながら、剪定鋏で手の届くところを刈っていったのです。床屋で首筋の髪の裾を切る要領で、女将に切った枝を拾い集めてもらうこともなく、少しだけ掃き掃除をして、ゴミ袋一杯の収穫。女将も早くから起き出して、朝食の用意をしてくれるのでした。

朝食が早いと自然と蕎麦屋に出掛ける時間も早くなるから、今朝も晴れた空の下をみずき通りを渡るのでした。蕎麦粉を捏ねて蕎麦玉を作ったところで、頼んでおいた蕎麦粉と米が届く。蕎麦打ち室に入れば、室温は27℃だったけれど、湿度が60%台だから、梅雨の時季と違って案外からっとしているのです。39%弱の加水率で無難に生地を仕上げて、最近、切りむらが出て不調だった包丁打ちも、今朝は順調に切りべら28 本で130g でした。

蕎麦が上手く打てた朝は、何と言っても気持ちが好いもので、これぞ蕎麦屋の亭主の真骨頂。やはり、集中力が高まっていないとつい余計な事を考える。余計な事を考えると無心で蕎麦を打てないから、ついつまらない間違いを犯すことになるのです。女将が来て、お客の多い日曜日だからと、蕎麦の数だけ小鉢を盛り付けてくれたけれど、亭主には昨日からのコロナの感染拡大が不安材料なのです。市内でも店屋でクラスターと新聞にも出た。

カラオケを楽しむ高齢者たちも、元気なのはいいけれど、なんとか感染防止の対策を取れないものだろうか。カラオケ店や接客型の店での感染と言うニュースも、市井の人々には単に「店屋で感染」というようにインプットされるから怖いのです。そんな心配をよそに開店前から駐車場には車が入って、「この間、主人が一人で来て、お蕎麦が美味しかったから、今日はご馳走してくれると言うので来ました」と元気な奥様が天せいろをご注文。

蕎麦が美味しかったと帰られたお二人の蕎麦湯のポットは空っぽなのでした。無口なご主人は何も話されなかったけれど、新しい常連さんが誕生するかとちょっと期待するのでした。ところが、今日は天気も好く、外は絶好の蕎麦日和の日曜日だというのに、後が続かないのです。暇をもてあました亭主はかき揚げを揚げて、端切れの蕎麦でぶっかけの賄い蕎麦を食べるのでしたが、これがまた美味しい。太めに切れた新蕎麦の歯ごたえが好い。

閉店間際に男性客がいらっして、せいろ蕎麦のご注文。「何処の蕎麦ですか」と尋ねられて亭主が応えれば、「この間、茨城に行ったけれど、春の新蕎麦というのは珍しい」とおっしゃる。蕎麦好きの方らしくて、歯ごたえがあって美味しいと蕎麦湯まで綺麗に飲み干して帰られたから嬉しい。日曜日にしては珍しく、お客も少なかったから早めに家に戻って、女将と二人で冷えた桃を食べる。店で残った抹茶きな粉大福とお茶も出たので満腹。

亭主がひと眠りしている間に、女将はスポーツクラブに出掛け、蕎麦屋に出掛けた亭主は夕刻の営業の準備をし終えたら、他に何も仕込みのなかったから、久しぶりに蕎麦包丁の研ぎをするのでした。店の前の電線には燕の子どもたちが集まって、なにやら相談をしているらしい。少し大型の親鳥と共に、毎日のようにこの界隈を飛び回っているから、そろそろ旅立ちの季節なのでしょうか。6 時過ぎまで待ったけれどお客は一人も来なかった。

片付けを終えて家に戻れば、女将が「今日はスタジオも四人しかいなかった」と、コロナの感染拡大のニュースの影響を話すのでした。蕎麦屋から持って帰ったトマトや枝豆を肴に、亭主はニュースを見ながら一献のひと時。豚のハラミも今週は出なかったから、家に持ち帰って酒のつまみ。梅雨の明けた去年の今ごろは、この日曜日も土曜日に続いて大勢のお客が来たのです。明日で今週も終わり、もうすぐに盆休み。日が経つのが速過ぎる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.