梅雨が明けたら朝晩が涼しい……

朝の 5 時過ぎにすっきりと目が覚めて、やけに涼しかったので、これは蕎麦屋の草刈りでしょうと、道具を持って車で出掛けたのです。7 時前に家に戻れば、pekoの散歩にも十分間に合うから、時間に余裕もある。ミニ菜園の奥の半分がまだ手つかずだったから、大きな草を引き抜いて、鎌で少しずつ刈っていけば、一番奥にあるタラの木が随分と根が葉張ったらしく、あちこちから新しい芽が伸びている。二本だけ残して枝をすべて切った。

ついでに西側の小径沿いの木槿も、この間は道に伸びた枝を刈ったから、今朝は上を揃えて短く刈り上げたのです。切ったり抜いたりした枝や草は、何日か乾かしてから袋に入れた方が重量が減るので、小一時間で朝飯前の作業は終了。昨日切った紅葉の枝も、まだ駐車場に干したまま。毎週来る出入りの回収業者によれば、十分に水気を切った方が軽くなると言う。月に100kg の契約なのが、草刈りをするといつも追加料金を取られるのです。

7 時前に家に戻ってpekoの散歩に出ようとすれば、女将ももう起き出していて、pekoを玄関まで連れて来てくれました。今日は晴れるというので、洗濯物が沢山あったのか。騙し騙し、 1 ブロックだけ歩いて、亭主も家に戻って一息入れたいから、今朝は短時間で家に戻るのでした。朝食は好物の鮭と茄子の新焼だったので、とても美味しく頂きました。子どもの頃からの食習慣というものは、年老いてもなかなか変わらないないのだろうか。

食後のコーヒーを小さな湯飲みで入れてもらって、女将は生姜入りの紅茶を飲むのです。朝の食事が早いと、自然と蕎麦屋に出掛ける時間も早くなるから不思議。出がけに庭を見上げれば、ヘブンリーブルーの朝顔が、今日はそれらしい色に咲いていました。空はまだ曇っていたけれど、涼しいのが何よりで、蕎麦打ち室に入って早速、蕎麦粉を計量する。早朝に来た時に昨日の洗い物も片付けておいたので、今朝はいきなり蕎麦打ちなのです。

ところが、いつものように厨房でじっくり段取りを考える事をしなかったら、何を間違ったのか、水回しをしてやけに水が多いのに気が付いたのです。どうやら、小麦粉を150g 計った後で、蕎麦粉を600g 計らなければいけなかったのを、500g にしてしまったらしいのです。急いで蕎麦粉を追加して捏ねに入りました。生地は少し柔らかめだったけれど、何とか伸し終えて8束の蕎麦を生舟に並べる。今日は 15 食だけの準備で開店です。

抹茶きな粉の大福を四皿、野菜サラダを三皿盛り付けて、時間に余裕があったから、女将の仕事を少しでも減らそうと、三種類の小鉢を盛り付けました。茹で蛸の入ったモズクの酢の物と大根のなた漬け、そして、夏用の筑前煮。今日はちょうど盛った小鉢の数だけお客が来たから、次の営業にはまた盛り付けなければならなかったのです。どれもお客様には好評な物ばかりですが、たまに人によってお酢が嫌いだったり、酒粕が嫌だったり…。

暖簾を出したらすぐにお客様がいらっして、悩んだ挙げ句にやはり天せいろのご注文なのでした。「手指の消毒をお願いします」と、最近の感染拡大のニュースをよく見ている女将も、大きな声でアナウンスするようになりました。外は青空が広がって、じりじりと暑さが増している様子。隣町の常連さんがやって来て、「梅雨が明けたってよ」と、最新の情報を届けてくれました。それから次々とお客がいらっして、1 時過ぎにお蕎麦は完売。

密を避けるために三組までで満席の看板を出していたら、外で待っているお客いたので恐縮。早めに暖簾を下ろして、2時には家に戻り、遅い昼飯に冷やし中華を作って食べたら暑さで疲れたのか、ひと眠りしたつもりが目が覚めたらもう 4 時半で、慌てて蕎麦屋に戻って追い打ちをかけるのでした。夕刻の開店の時刻には間に合わずに、5時過ぎにご夫婦でいらっしたお客様には、準備中の看板を出したままで、申し訳ないことをしました。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.